teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド偽物(0)
  2. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ふすまの目 版画にコラージュ2002

 投稿者:Nana TAMAMOTO  投稿日:2021年 6月29日(火)11時33分56秒
返信・引用
  2000年代初期「顔シリーズ」が、国外にて再燃し始めている様子、版画にコラージュや版画原版含めまして、紹介させて頂いております。

版画にコラージュ
「ふすまの目」
ed6
2002

edはございますが、独自に収縮し加工しを施しました布や着色部分は一点一点異なり、一点ものの輝きがございます。
顔シリーズ、今は手掛けることのない、玉本の芸術を見る上での大切な資料であり、時代です。

https://ntmint.jakou.com/

 
 

老女の微笑 原版

 投稿者:Nana TAMAMOTO  投稿日:2021年 6月28日(月)09時11分13秒
返信・引用
  版画の原版一点物です。
「老女の微笑」
2002
玉本奈々

彫りが美しく。
個人的に好きで、美術館展示のみの披露としていましたが…近々…危ういかな(笑)

https://ntmint.jakou.com/

 

玉本奈々 初期顔シリーズ 版画にコラージュ 老女の微笑

 投稿者:Nana TAMAMOTO  投稿日:2021年 6月26日(土)06時39分56秒
返信・引用
  2000年代初期「顔シリーズ」が、国外にて再燃し始めている様子、版画にコラージュや版画原版含めまして、紹介させて頂くことに致しました。

「老女の微笑」
版画にコラージュ
全8枚
2002

独自に加工致しました布(顔)の部分は一作一作異なるため、Editionはございますが、一点物の輝きがございます。

原版のご紹介は改めまして。
原版は一点物でも彫りがマチエールとして垣間見られ、今では希少で貴重な作品です。

https://ntmint.jakou.com/

 

玉本奈々-挑戦し続ける画家 石堂裕昭

 投稿者:Nana TAMAMOTO --- the Artist Wh  投稿日:2021年 6月22日(火)09時30分12秒
返信・引用
  玉本奈々-挑戦し続ける作家-

玉本奈々の作品は、まず何の知識も持たずにじっくりと対峙して観ていただきたい。その上で玉本についての文章や玉本自身と話していただくことを私はお薦めする。

私が初めて玉本の作品と出会ったのは、昨年3月に当館で開催された個展の時である。富山出身で大阪に住む彼女がなぜ福井で展覧会をしようと思い立ったのかは、彼女と話をすることで解決された。実に単純ではあるが「どの地域に住む人々にも観てもらいたい。」ということであった。ただ、この言葉をなにげなく聞き流してはいけない。作家として非常に重要なことである。自ら創造した作品は自分の肥やしとなるが、他人にとってはただの無意味なものとして存在することもあるし、それが物凄い価値あるものとして存在することもある。

人はどの地域に住んでいても共感できるものなどは基本的に同じであると思う。ただほんの少しの環境や文化の違いによって培われてきたものが異なり感じることに麻痺してしまっている場合はある。誰も知らない土地での展覧会への挑戦は、作家として時に厳しい試練となり観覧者の多少がその評価につながるような錯覚に陥りがちだが、例えたった一人でも共感できる人がいるのなら、その挑戦には大きな意味があったと言えるだろう。その意味においても地域を越えて他人に観せることは作家として重要であると考える。

さて、玉本は各地で挑戦するとともにその創作活動においても同様に挑戦し続け、常に自身と呼応するかのような作品を作り続けている作家である。 油絵具やアクリル絵具に留まらず布やガーゼなど限りなく自分自身が表現するために必要な素材は新たに取り入れながらその幅を広げていくのである。時にそれはくどさを伴う危険性もあるが、玉本自身は感覚的に押さえるツボのようなものを心得ているのか、無駄をつくらないギリギリの所で勝負しているかのようである。そして一際目をひく色彩の感覚世界に圧倒され、確かな画面構成の中に我々観る者は引きずり込まれていくのである。

玉本は深く自身を見つめ続け、その結果としてそれを作品化している。創造する行為は確かにそこに存在するのだが、素直に自分をさらけ出しながら作品化しているところに私は敬服する。そして玉本の作り出す不思議なくらいに鮮明に映る「赤」が私を限りなく魅了し、危ない領域にでも踏みこむように誘うのである。

”玉本奈々”という人間性そのままが作品としてそこに存在し、そこから受けるあらゆるものが彼女の魂そのものであり、彼女の情熱であり、そして彼女の奥深い心の中の世界なのである。

命の尊さを知り生きることへの感謝を忘れずこれからも挑戦し続けるであろう玉本の活躍を祈るとともに、 一人でも多くの人たちが玉本の世界に共感し、自身を見つめ直す一助として感じてもらえることを願う。

福井市美術館 学芸員
石堂 裕昭

https://ntmint.jakou.com/

 

玉本奈々-挑戦し続ける画家 石堂裕昭

 投稿者:Nana TAMAMOTO --- the Artist Wh  投稿日:2021年 6月22日(火)09時27分40秒
返信・引用
  Nana TAMAMOTO --- the Artist Who Never Feels Afraid of a Challenge

When you meet works of Nana Tamamoto, I invite you to take enough time first to face them without any knowledge about her works or herself.  Then, I would try to read about them and meet Tamamoto herself.

It was at the personal exhibition held here at Fukui City Art Museum in March 2004 that I first got the opportunity to meet Tamamoto’s artworks.  At that time, I wondered why she had come up with the idea of holding her personal art exhibition here in Fukui, considering the fact that the artist is from Toyama and now lives in Osaka.  When I asked her about it, she gave me a quite simple answer.  She said, “I want my works to be seen by anyone anywhere.”  However simple it may sound, no one could let her words pass without paying much attention to it because this attitude is very important as an artist.  Creating your own work will absolutely help you thrive as an artist, while it is possible that your creation may end up with being something just meaningless for others, and it’s also possible it may be appreciated as a great masterpiece.  I personally believe that people basically share the ability to identify with the same object regardless of the areas they live in, except for cases where people don’t share the same perspectives or their minds have become too numb to appreciate artworks depending on, in my belief, what kind of backgrounds they have because a little difference in environment and culture can form different perspectives.  Therefore, it could be very challenging for an artist sometimes when they decide to exhibit their artworks where they have almost no acquaintances, and people tend to develop an illusion that those exhibitions can be evaluated just from the number of visitors they record.  However, I believe it has a great meaning for an artist when they take on such a challenge and succeed to move someone, even if there is just one person who really appreciates their work.  In that sense, too, I believe it’s very important for artists to try to expose their works to anyone anywhere.

Now, Tamamoto is an artist who has tried to show her works to people in various regions.  Also, she has continued to develop her style as well, and has always created artworks that seem to resonate with Tamamoto herself.  Not only she uses oil and acrylic colors, but also she expands the range of mediums by adapting whatever new materials she herself needs such as fabrics and gauzes to express her ideas.  It could possibly be too much sometimes, but it seems that Tamamoto herself intuitively knows how far she could go and that she always creates her works without making any tiny ineffective impacts.  Then, we who appreciate her artworks will be overcome with the sensual world of even more impressive colors, and be engaged into her works whose layouts are well designed.

Tamamoto has fixed her eyes on the inside of herself and kept looking deep inside of it.  What she gained from such experiences has materialized as her artworks.  Her works are surely the result of her creative activities, but what I admire most about her is that she doesn’t seem to hesitate to reveal herself in the process of creation.  Then, the color “red” created by Tamamoto, which is so vivid that it makes me wonder it may have some kind of mystic power, leaves me entranced and tempted into an illusionary world.

You face Tamamoto’s artworks, and then you face Tamamoto herself.  Everything they express, it’s her soul itself, her passion, and the inner world deep inside of her heart.

Tamamoto respects the preciousness of life, and I’m pretty sure she will never lose her appreciation toward the life she was given.  I also believe she will continue to thrive as an artist.  I wish her all the best, and I do hope more and more people will identify with her artworks and appreciate them as what contribute to their process of looking deep inside of themselves.

Hiroaki ISHIDO
Curator, Fukui City Art Museum

https://ntmint.jakou.com/

 

7月に授与…新作

 投稿者:玉本奈々  投稿日:2021年 6月 9日(水)07時44分40秒
返信・引用
  おはようございます。
皆様、多くのお祝いメッセージを、本当に有難うございました。今後も真摯に邁進致してまいります所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。7月に授与となります旨、その折にまた、ご報告差し上げる所存です。

本日は、打ち合わせや契約など、夜まで慌ただしい一日になりそうです?アトリエ到着は夕方になりそうですが、それから画のセレクトに入ります。

新作の紹介をいたします。
Numberシリーズ
「44」刻
3F 2021
ミクストメディア

刻…今後も自分の歩幅で、関わり合う多くの方々と共に、時を刻んでまいりたく存じます。

https://ntmint.jakou.com/

 

東久邇宮記念賞、文化褒賞、平和賞の3部門トリプル受賞となりました

 投稿者:玉本奈々  投稿日:2021年 6月 7日(月)08時49分24秒
返信・引用
  おはようございます。
4月に推挙の旨を幹事長さんよりご連絡頂いておりましたが、正式に東久邇宮平和賞受賞決定のお知らせを、書面にて頂戴致しました。

このようなご時世に、私が賜ることに些少の躊躇もございましたが、美術関係者の方々の、美術界の活気に繋がるというお言葉を後押しに、賜ることに心を向けました。

平和賞は、東久邇宮記念賞ならびに東久邇宮文化褒賞の両賞を受賞なされた方のみが推挙対象となり、受賞規約に基づき、審議会にて決定されます。
今回、記念賞、文化褒賞に引き続きまして、平和賞3部門のトリプル受賞となります。

7月に受賞式となります。その折にはしっかりとご報告致します。
慎んでお受けいたします。そして今後もおごることなく、精進、邁進して参ります旨、皆様方、何卒よろしくお願い申し上げます

https://ntmint.jakou.com/

 

移籍

 投稿者:玉本奈々  投稿日:2021年 6月 5日(土)06時39分12秒
返信・引用
  私ごとですが、近日、移籍いたします。

企画画商とのお付き合いをしはじめ、15年の年月が経ちますが、様々な画商があります中、やはり所属となりますと、しっかりとした信頼関係が必要ですね?

長いお付き合いになりそうです。
詳細は契約時に。
マネージャーとは、21年の交友がございます。海外の方です。

今後とも美術家、玉本奈々を、よろしくお願いいたします。

https://ntmint.jakou.com/

 

玉本奈々の作品について

 投稿者:京都国立近代美術館長 柳原正樹  投稿日:2021年 6月 4日(金)17時36分17秒
返信・引用
  I know this is a very rudimentary question, but why do painters paint to begin with?
I sometimes find myself wondering why for no particular reason
To express something, or to seek another masterpiece?
Or simply because they are painters.
I often wonder, but there seems to be no answer to my question, and then I stop wondering and always try to convince myself as if I found a satisfactory answer.

Paintings whose touch is just too flat, too light, too gentle, and too nice.
Such paintings can be seen everywhere now.
Some people might consider them modern, I wonder.
Looking at them, I feel nothing except that they somehow lack strength and leave something to be desired.
Or is it just me who feels this way?
And again, I start to wonder why painters paint or whether they have any necessity of painting.

I feel that it is Nana Tamamoto who has shown me one of the possible answers to this vague question of mine.
For Tamamoto, to paint is to live.
She must paint because that’s how she maintains the balance between her body and her spirit.
Should she stop painting, Tamamoto must stop living and soon become as if she were dead.

Heavy colors and forms.
Ugliness and passion.
It is the world of almost madness that defines her collection.
She cries out from the bottom of her soul, and I presume such cry itself takes its form as an artwork.  I would say there are few painters who reveal themselves with such intense passion and no hesitation, except for Tamamoto.
No one can tell how her energy will show itself in the future, but I do hope her work will raise the revolution in the current peace-addicted world of paintings.

Masaki YANAGIHARA
Director of the National Museum of Modern Art, Kyoto

https://ntmint.jakou.com/

 

(無題)

 投稿者:八巻 千尋  投稿日:2021年 6月 4日(金)16時54分58秒
返信・引用
  まことに初歩的な疑問なのだが、画家はなぜ絵を描くのだろうか。
この頃ふと思うのである。
何かを表現するために、あるいは次なる絵画を求めて。
そして画家なのだからと、あれこれ思いをめぐらすのだが、これといった答えもなく、曖昧なままにしながら、なんとなく納得している。

ただ、薄く、軽く、ぼんやりと、小綺麗に。
そんな絵画が目に付くようになった。
それが今風ということなのだろうか。
見る側にとると、どこか稀薄で物足りなさだけが残るのである。
こんなことを思うのは私だけなのだろうか。
そして、画家は描くことの必然性をどこに定めているのかという疑問がまたわいてくる。

そんな漠とした疑問に、なんとなくではあるが、ひとつの答えを示してくれたのが玉本奈々のような気がしている。
玉本の場合、描くということは、生きるということに直結している。
自身の肉体と精神のバランスを保つために、描かなければならないのである。
もし、描くということを止めたとき、玉本は廃人へと旅立つにちがいない。

毒々しい色彩と形態。
醜さと情念。
一種狂気にも似た世界が作品を支配する。
玉本の魂の叫びがそのまま噴出したものなのだろうが、これほどまでにあからさまに自身をさらけ出す画家も稀であろう。
このエネルギーがどのような方向に進むのかは定かではないが、平和ボケした今の絵画の一石となることを願う。

京都国立近代美術館長
柳原 正樹

画像は「未練」

https://ntmint.jakou.com/

 

レンタル掲示板
/34