teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド偽物(0)
  2. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


王天徳 玉本奈々

 投稿者:株式会社麗之會  投稿日:2022年 1月29日(土)19時57分29秒
返信・引用
  おはよう御座います。
朝8時に画商さんがお越しになられ、新春常設企画としての画をお渡し致しました。展示に入られます。
常設企画、始まります!会期は後ほど。

予告
《常設企画》
王天徳(おう てんとく)
玉本奈々(たまもと なな)

企画・設営
王麗欣(株式会社麗之會)

会場
麗の會ギャラリー(京都)
京都府京都市上京区四町目51 番地 105 号〒602-8112
_____________________________________________

玉本奈々は、富山県生まれ。繊維造形物によるレリーフ状絵画と立体、インスタレーションで知られる気鋭の日本の女性現代美術作家。

布を縫い合わせ収縮、亀裂を起こした独自の技法、また古木の樹皮か珊瑚のような質感のオブジェと化した布の塊、樹脂による凸状波紋など、豊穣な物質的マチエールが特徴。その稀に見る、マチエールを際立たせる飛沫状の色彩表現やマチエールは、国内外で高い評価を得ている。また独特の世界観による詩や執筆、ワークショップなどにも注目を浴びている。2020年には、絵画におけるポートレートとして、コラージュされたドローイングが発表され、新たなシリーズとして確立された。

日本での多数の受賞の他、フランスでの公募「Grand Concours International」では、2003年にはフランス共和国名誉賞、2004年にはフランス共和国新人賞、2005、2006年にはそのコンクールの最高峰であるフランス共和国栄誉賞を受賞。また、2002~2003年・2005年・2007~2008年の功績として「La Toile d’Or」賞が、3度に渡り授与されている。2019年には東久邇宮記念賞、東久邇宮文化褒賞を受賞。世界遺産の五箇山、菅沼合掌造り集落の国史跡指定50周年、ならびに世界遺産登録25周年の2020年に画が収蔵、永久設置され、感謝状が授与された。2021年には東久邇宮平和賞を受賞。記念賞、文化褒賞ならびに平和賞3部門のトリプル賞受賞となった。国内外の美術館他個展や著書、国際オークションなど、幅広く活躍し続けている。

王天徳氏のプロフィールは、下記をご覧ください。中国、アメリカを中心に世界でご活躍なされております。改めまして、アップも致します。

#玉本奈々
#nanatamamoto
#王天徳
#常設
#企画
#麗の會ギャラリー
#現代アート
#コンテンポラリーアート
 
 

Nana Tamamoto - Inspired by the Passion of an Artist as a Young Lady

 投稿者:Akiko YAMAZAKI Journalist, Cent  投稿日:2021年12月 5日(日)10時53分56秒
返信・引用
  Nana Tamamoto - Inspired by the Passion of an Artist as a Young Lady

“In Tokyo, people suffer from a dry blast, don’t they?  Dry air is not good for my works, either.”  It was on rainy Saturday afternoon in March of this year that I visited Tamamoto’s atelier-cum-residence in Osaka.  “I must make sure that my collection will exist at least for 100 years,” said Tamamoto.  In her words, I sensed the pride and determination of Tamamoto, who lives in the world of art.  She has come a long way as an artist who has created a number of artworks and whose original style has attracted numerous people, and I believe this long journey backs up her force.

She was born in Toyama Prefecture.  When she was a high school student, to fulfill her aim of acquiring the basics of painting, she split her time and spent half of it in Kyoto Prefecture, where the art school was, and the other half in Toyama, where her home was.  Knowing this, I sense that she was keenly aware of her calling for art at an early age.  Then she began to develop her style and try oil paintings and fiber art.  After graduating from university, she started to work for a clothing company as a designer of textile.  Her responsibility included developing new clothing materials, dyeing such fabrics, and designing traditional tapestries.  She demonstrated her talents in every field.  However, she remembers that she couldn’t fully express herself.

To establish herself as an artist “Nana Tamamoto.”  To find the way to achieve it, I think she had been taking this long journey.  In this process, she was put into various situations: she was challenged physically and mentally, and experienced both applause and jealousy from other artists.  It was when she was 24 that she established her own touch with which she converts the texture of fabrics and threads into something different, and attaches them onto the canvas, and in addition puts colors on them.  Using this touch, she makes her two-dimensional works look like three-dimensional.  It is so original that people who appreciate her works can tell at a single glance that those are Tamamoto’s.  This is the technique Tamamoto alone could develop.

Evidently, a solid foundation of technique she has consolidated, thorough knowledge on materials like fabrics, and “her ability to snuggle against the heart of someone else” which also is her natural ability are making her works even more brilliant.  She has never stopped striving to create the collection that “will exist for 100 years.”

Her style is also very original.  Soft lines and warm colors cocoon us compassionately, and the black color and bizarre objects that appear suddenly on the canvas turn us down unsympathetically.  Her works never allow an easy appreciation, but at the same time, they capture our heart, and we can’t take our eyes off from it.  This is because, in my belief, her works make us accept the negative side of human beings such as human imperfection as well as betrayal, and also make us face directly the essence of human nature that is not explainable.  Appreciating her works doesn’t just mean that we face well-balanced beauty of art.

Many fans of Tamamoto’s works say that they feel as if her works could see deep inside of their heart.  If you want to appreciate her work, you must also face yourself.  Tamamoto herself says, “I have a great interest in the inner world of a human.”  It may be true that her perspective isn’t set to something visible.

As an example, take “Mantle,” which will probably be the main representation of this exhibition.  “To me, a mantle has long been something you use to hide something,” Tamamoto says.  “Also, if I see clothing hung outside to dry, I can imagine without trying to who wears it.”  This sensibility of hers took its form as “Mantle.”

A black, smooth torso of a female with a sexy, red lingerie.  On the contrary, the surface of the mantle over her shoulders is covered by blue and yellow projections, and looks as if something was coming out of the torso.  Why did Tamamoto choose the black torso?  To my question, she replied with a clear answer.  “Though women act instinctively, it is generally said they are realistic.  They are romantic, but when they get irrational, they look ugly.  Though they have ambivalent feelings on the bottom of their heart, they fix their eyes on the reality without closing their eyes.  I feel black is the symbolic color of women.”

However beautiful a woman might look, she has ambivalent feelings deep inside of her.  She usually hides them, and that’s why those hidden emotions leak out from the interstices of her clothing.  Evidently, not everyone can see such inner world.  Tamamoto sees it with her mind’s eyes.

This erotic torso doesn’t have arms or legs.  This is why concept and eyes of people who appreciate this work naturally focus on her dark black abdomen.  This method is also impressive.  The back of the torso is colorful, too.  This is a 360-degree piece that you can appreciate from every angle.

Other signature works will also be exhibited: “Perfect Accordance,” which combines each half of a “white” body and “black” soul, “The Eternal Sleep,” in which every cell gets together for the last time in one line at the time of her grandmother’s death, “Mind’s Eye,” which sees the reality though it appears that it doesn’t really see anything.  All of them are the representation of her efforts to depict the inner world of human beings.  Also in France, the universality and high artistic quality of her works is highly appreciated, and many people all over the world are now waiting to look at them in their home countries.

Her collection, which reflects Tamamoto’s continuous efforts to try and develop a new touch, will be exhibited at the village of Ainokura, designated as a World Heritage site of UNESCO, at Gokayama in the city of Nanto, Toyama Prefecture.  It will be a face-to-face confrontation between traditional Japanese culture, which has supported human activities for a long time, and the artist of modern art who aims to continue to capture people’s heart for the coming 100 years.  Will either of them win, or will they combine with each other to create new harmony?  I invite all visitors to feel the tension of this confrontation.  I say this because it is Tamamoto’s wish to offer her fans a surprise, an emotion and joy.  Nothing could be more enjoyable for the artist and visitors to see stereotypical ideas on “art” falling apart.

Akiko YAMAZAKI
Journalist, Center of Redaction
The Mainichi Newspapers, Tokyo

#玉本奈々
#nanatamamoto
#現代アート
#コンテンポラリーアート
#世界遺産
#ジャーナリスト
#Critic
#マスコミ
#インスタレーション
#日本
#Journalist
#Newspapers

https://ntmint.jakou.com/

 

(無題)

 投稿者:玉本奈々  投稿日:2021年10月25日(月)14時53分21秒
返信・引用
  おはようございます?
雨。夜明けも遅くなりましたね。

様々な方々の手のひらに舞い降りた私の蝶々。
ふわりと…優しいです。

…あたたかい。

さ、本日も頑張ってまいりましょう?

#玉本奈々
#nanatamamoto
#蝶々
#現代アート
#コンテンポラリーアート
#インスタレーション
#鶴身印刷所

https://ntmint.jakou.com/

 

夜桜 玉本奈々 個人蔵

 投稿者:玉本奈々  投稿日:2021年10月22日(金)09時51分22秒
返信・引用
  夜桜
Drawingにコラージュ
2021

個人蔵

#玉本奈々
#nanatamamoto
#Collection
#Drawing
#コラージュ
#日本
#絵画のある暮らし
#絵画のある生活

https://ntmint.jakou.com/

 

Numberシリーズ「1」一輪車 玉本奈々 個人蔵

 投稿者:玉本奈々  投稿日:2021年10月20日(水)07時50分58秒
返信・引用
  Numberシリーズ
「1」一輪車
3F
2021

個人蔵

https://ntmint.jakou.com/

 

夜桜

 投稿者:玉本奈々  投稿日:2021年10月20日(水)07時45分9秒
返信・引用
  夜桜
Drawingにコラージュ
2021
玉本奈々

Collection

https://ntmint.jakou.com/

 

お客様より

 投稿者:静岡  投稿日:2021年10月12日(火)07時55分18秒
返信・引用
  【玉本奈々先生】【踊り子】

先月,玉本先生の個展に伺ってきました。

立体感のある絵画はとても躍動的で
幻想的な世界に引き込まれるような感覚を覚えます。

ご本人とお話しさせて頂き,
近年取り組み始めた作画法による「踊り子」をいただいてきました。

ご出身である富山県の盆踊りの風景をイメージしているそうです。
わたしは絵の中で楽しそうに踊っている様子が見えましたが,皆さんはいかがでしょうか?

https://plaza.rakuten.co.jp/ncanncan/diary/202004010000/?scid=we_blg_pc_lastctgy_1_title

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/玉本奈々

#玉本奈々 #踊り子 #個展 #富山 #京都 #麗之會 #ドローイング

https://ntmint.jakou.com/

 

玉本奈々 生息

 投稿者:アートデアート・ビュー  投稿日:2021年10月 3日(日)15時22分25秒
返信・引用
  おはようございす?
あまり睡眠とれずの日常にこの晴天は、背中を押してくれる力があり、有り難く?雨でもそう言ってそうですね(笑)

現在開催中の個展です。

玉本奈々 生息
10月1日~9日 火曜休廊
アートデアート・ビュー(高槻市)

本日在廊致します?

2000年代顔シリーズが海外で再燃する中での個展。貴重になりました、顔シリーズの中の版画にコラージュ作品もご覧頂けます。
玉本は今年7月、東久邇宮平和賞の受賞となり、日本でも高い評価を受けています。

個性豊かな玉本の世界を、お楽しみくださいませ。顔シリーズは、中国の美術館にて展となります。

フランスでの公募「Grand Concours International」において、2003年にはフランス共和国名誉賞、2004年にはフランス共和国新人賞、2005、2006年にはそのコンクールの最高峰であるフランス共和国栄誉賞を受賞、また、2002~2003年・2005年・2007~2008年の功績として「La Toile d’Or」賞が、3度に渡り授与されている。2019年には東久邇宮記念賞、東久邇宮文化褒賞を受賞。世界遺産の五箇山、菅沼合掌造り集落の国史跡指定50周年、ならびに世界遺産登録25周年の2020年に「概念 2020」が収蔵され、感謝状が授与された。2021年には東久邇宮平和賞を受賞。記念賞、文化褒賞ならびに平和賞3部門のトリプル賞受賞となった。

Wikipediaより抜粋

https://ntmint.jakou.com/

 

玉本奈々 生息

 投稿者:アートデアート・ビュー  投稿日:2021年 9月27日(月)07時41分36秒
返信・引用
  従来より油彩に麻ひもや布、ミシン掛けなどを用いて不思議な世界を醸し出す玉本作品。今展では着古した服シリーズに取り組み、作品共にすべてが息づき呼吸が感じられる空間に仕上げたいと制作しています。

2000年代顔シリーズが海外で再燃する中での個展。貴重になりました、顔シリーズの中の版画にコラージュ作品もご覧頂けます。
玉本は今年7月、東久邇宮平和賞の受賞となり、日本でも高い評価を受けています。

個性豊かな玉本の世界を、お楽しみくださいませ。
顔シリーズは、中国の美術館にて展となります。

フランスでの公募「Grand Concours International」において、2003年にはフランス共和国名誉賞、2004年にはフランス共和国新人賞、2005、2006年にはそのコンクールの最高峰であるフランス共和国栄誉賞を受賞、また、2002~2003年・2005年・2007~2008年の功績として「La Toile d’Or」賞が、3度に渡り授与されている。2019年には東久邇宮記念賞、東久邇宮文化褒賞を受賞。世界遺産の五箇山、菅沼合掌造り集落の国史跡指定50周年、ならびに世界遺産登録25周年の2020年に「概念 2020」が収蔵され、感謝状が授与された。2021年には東久邇宮平和賞を受賞。記念賞、文化褒賞ならびに平和賞3部門のトリプル賞受賞となった。

Wikipediaより抜粋
 

玉本奈々 若き芸術家の情熱に触れて 山崎明子

 投稿者:若き芸術家の情熱に触れて 山崎明子  投稿日:2021年 9月16日(木)08時31分6秒
返信・引用
  若き芸術家の情熱に触れて

「東京は、からっ風が吹くやろ。乾燥は作品にも良くないし」。今年3月大阪の仕事場兼住居を訪れたのは、雨の降る土曜の昼下がりだった。「100年は作品をもたせなあかん」と彼女はいう。そこには、芸術世界に生きる者としての誇りと決意が込められている。その力強さは、数々の作品を生み出し、独自の世界観で観客を魅了してきた道のりに裏付けられている。

富山県に生まれた。絵画の基礎修行のため、中学、高校には美術学校のある京都と実家の半々の生活を送ったという。この時点で、芸術に対する並々ならぬ使命感を感じさせる。やがてフィールドを油彩、ファイバーアートと広げ、テキスタイル・デザイナーとしてアパレルメーカーに就職。服地の開発や、染織も行い、伝統的な緞帳なども手掛けた。どの分野でも才能を発揮した。だが、自分を完全に表現しきれなかったという。

芸術家「玉本奈々」として一個の存在を極める-。それまでの道のりは、その手法を探す過程だったのだろう。肉体的・精神的限界、賞賛と羨望を超えて、現在の表現方法にたどり着いたのは24歳の時だった。布や糸を加工して質感を変えたものをキャンバスに貼り付け、さらに彩色を施す。平面のようで、立体感を持つこの手法は、全く独自のもので、見てすぐに、玉本の作品と分かる。まさに、「オンリーワン」の輝きを放っている。もちろん、磨き抜かれた基礎、布という素材への精通、また、これも彼女の天性である“人の心に寄り添う技術”が、作品に輝きを添えていることはいうまでもない。「100年残る作品」を生み出すための試行錯誤はとどまるところを知らない。

作風も十分に個性的だ。柔らかな輪郭と、緩やかな色調は、観る者をそっと包み込むようであり、突如としてキャンバスに現れる黒や奇抜な物体は、一気に突き放してしまう。彼女の作品は、安易な鑑賞を許さない。しかし、心をつかみ、目をそらすことができない。それは、単に美術品の均整のとれた心地よさだけでなく、不完全や、裏切りといった、人間の負の側面を許容し、割り切れない人間の本質にと正面から向き合っているからだ。

「見透かされる」というファンも多いという。彼女の作品と向き合うのなら、自分の心も見据えなければならない。彼女自身、「人間の精神世界に興味がある」という。彼女の視点は、可視的なばしょにはないのかもしれない。

恐らくは、今回の展示の軸となる作品、「マント」を例にとろう。「マントは覆い隠すものだと思っていた。でも吊るしてある洗濯物にさえ、着る人を感じてしまう」という彼女の感性が形となった作品だ。

黒く滑らかな女性型トルソーに、セクシーな赤いランジェリー。しかし、肩に掛かるマントの表層は、至る所が青や黄に隆起し、内なるものが溢れ出しそうだ。なぜ女性は黒いのだろう。私の疑問に、明快な答えが返ってきた。「女性は本能で動くけれど、一般的には現実的と言われている。夢見がちなのに、理性がないといやらしい。心の底にどろどろしたものを持っているのに、現状をきちんと見据えている。黒は女性の象徴的な色ともいえる」。

どんなに美しく表面を整えた女性も、内奥には割り切れぬものを抱えている。それを普段は押し殺しているからこそ、服地の隙間から、秘めた思いがもれ出ているのである。もちろん、その精神世界は誰にでも見えるものではない。彼女の心眼が、それを捕らえているのである。エロチックなトルソーは、手足が取り払われ、観念と視線は自然に黒々とした腹の中に集中する。この仕掛けも心憎い。背後もカラフルで、360度楽しめる作品だ。

ほかにも「白い」肉体と「黒い」魂が半々に合わさった「表裏一体」、祖母の臨終に際し細胞の一つ一つが最後の整列をした「永眠」、何も映していないようで真実を見据える「心眼」など、代表作がある。いずれも、精神世界の表現に取り組んだ作品だ。普遍性、芸術性の高さはフランスでも評価され、国際的活動も期待されている。

常に新しい試みを模索し続けてきた彼女の作品群が、 今回、世界遺産の村である富山県南砺市の五箇山、相倉で展示されるという。長い年月、人間を包み込んできた伝統文化と、これから100年、人々の心をつかもうというモダンアート作家との対峙である。どちらかに軍配が上がるのか。それとも、両者は溶け合って、新たなハーモニーを生み出すのか。観に来られる方には、ぜひ、その真剣勝負の空気を感じ取ってほしい。なぜなら、彼女の願いは、ファンに驚きと感動を与え、楽しんでもらうことだからだ。「アート」に対する既成概念が打ち砕かれることは、作者にも、鑑賞者にもこの上なく楽しいことである。

毎日新聞東京本社
編集制作センター 記者

山崎 明子

https://ntmint.jakou.com/

 

レンタル掲示板
/35