teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ブランド偽物(0)
  2. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/316 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:八巻 千尋  投稿日:2021年 6月 4日(金)16時54分58秒
  通報 返信・引用
  まことに初歩的な疑問なのだが、画家はなぜ絵を描くのだろうか。
この頃ふと思うのである。
何かを表現するために、あるいは次なる絵画を求めて。
そして画家なのだからと、あれこれ思いをめぐらすのだが、これといった答えもなく、曖昧なままにしながら、なんとなく納得している。

ただ、薄く、軽く、ぼんやりと、小綺麗に。
そんな絵画が目に付くようになった。
それが今風ということなのだろうか。
見る側にとると、どこか稀薄で物足りなさだけが残るのである。
こんなことを思うのは私だけなのだろうか。
そして、画家は描くことの必然性をどこに定めているのかという疑問がまたわいてくる。

そんな漠とした疑問に、なんとなくではあるが、ひとつの答えを示してくれたのが玉本奈々のような気がしている。
玉本の場合、描くということは、生きるということに直結している。
自身の肉体と精神のバランスを保つために、描かなければならないのである。
もし、描くということを止めたとき、玉本は廃人へと旅立つにちがいない。

毒々しい色彩と形態。
醜さと情念。
一種狂気にも似た世界が作品を支配する。
玉本の魂の叫びがそのまま噴出したものなのだろうが、これほどまでにあからさまに自身をさらけ出す画家も稀であろう。
このエネルギーがどのような方向に進むのかは定かではないが、平和ボケした今の絵画の一石となることを願う。

京都国立近代美術館長
柳原 正樹

画像は「未練」

https://ntmint.jakou.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:5/316 《前のページ | 次のページ》
/316