投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


いつもありがとうございます

 投稿者:風子  投稿日:2019年 4月30日(火)23時13分22秒
  KY様
パニック発作が神経質性格からなのか、幼少期の虐待からくるものか、
と聞かれれば前者だと思います。詳しく教えていただき、ありがとうございます。
やはり森田療法をしていこうと思います。

ドリーミングガール様、管理人様の愛は届いておりますが、私の頭が愚かなので、
頭では理解できても体で分ってないような感じで、症状として出てしまうと
まともな思考ができなくなってしまい、やがて発作をおこしてしまいます。
でも、それが結末ではなくて「不問」で先に進むのだという気持ちではいます。

パニック発作は広場にいくとパブロフの犬のように、
条件反射で起きるのかと思っていましたが、
やはり間違った思考が発作の前に入っているのでしょうか…


今日、主人の車の助手席で山道を登っていたのですが、小さい頃から車に酔いやすく、
いつもなら途中で降りて嘔吐したりなのですが、今日はそれがありませんでした。
山に山菜を取りに行っていたので、目をこらして車窓から山菜を探していたから
だと思いました。そういえば、自分が運転しているときは酔いません。
今までこちらで教わったことと、どこかリンクしていると思いました。
意識の置き場所が違っていたというか。

それから、恐怖突入を目的として恐怖突入をするのは、違うのかな、とか…。

とりとめもなく、書いてしまいました。
皆さまのアドバイス、いつも感謝しております。
皆さまにも、明るい令和元年でありますように。
 

風子さんへ

 投稿者:KY  投稿日:2019年 4月29日(月)21時10分13秒
  風子さんのパニック発作が、いわゆる神経質性格から、症状を無くしようとする、前頭葉の過剰な葛藤から発生しているものか、または、幼少期に強いストレスを受けると、不安、緊張を感じ取る扁桃体が、キンドリング現象により、思春期以降些細なストレスで過剰に反応して、不安を発症しているものか、どちらかだと思います。

神経質性格からくるものであれば、森田療法をする。

幼少期の虐待からくるものであれば、虐待を受けることによって、防衛反応によって心の癖が形成されます。
例えば、死刑台の笑いという癖。(笑う場面でもないのに、恐れから不自然に笑う)やたらニコニコする。
常時身体に力を入れ気張る癖。
何かに、せき立てられるように、言動する癖。
常に不自然に感情を高ぶらせて、明るく振る舞う。
些細な、緊張でおどけて振る舞う。
これらの心の癖は、不安を少しでも和らげるため、または早く逃れる為に、自然と身についた心の癖です。

このような心の癖は健常者では、よほどのことがないとしないので、こんな癖はやってられないと止めることで、過剰に活動して、不安、緊張を増大している扁桃体を抑制することができると思います。
扁桃体の活動が弱まることで、パニック発作も弱まるということです。
 

愛が伝わるとええなあ、、

 投稿者:ドリーミングガール  投稿日:2019年 4月29日(月)16時34分15秒
  管理人さんありがとさんですわほんま、風子さんに管理人さんの愛が伝わるとええなあ

ああかみよ
 

神経症の治りとは

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月29日(月)14時53分49秒
  神経症の治りとは、症状の消滅ではありません症状が出ても『不問』症状が出なくなったとしても『不問』です。

何時しか症状を相手にしなくなった時が来た時、症状が出ても、症状が出なくなったとしてもどっちだっても構わないという風になっています。

此処まで来た場合では、症状に振り回される事が無くなっています。

症状の有り無しを問題にしない時が来た場合が治りです。風子さんは、『不問』の態度には程遠い、事を意味しています。
 

ドリーミングガール様へ

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月29日(月)14時47分11秒
  神経症の治りは、症状の消滅ではありません。風子様の最大関心事は『パニック発作の消滅です。』

神経症の症状は『症状の消滅を願って、消滅させようと心に介入する事で発症しています。』

風子様は心ならずも、症状が重くなるように努力をしています。

本人が分かるまで本人の苦しみは続くと思います。
 

なあ、管理人さんお願いなああ、、

 投稿者:ドリーミングガール  投稿日:2019年 4月28日(日)17時50分8秒
  KY様  投稿者:風子  投稿日:2019年 4月27日(土)07時14分16秒
   確かに発作のピークでは、
逆説思考の余裕が無いです。
いずれにしても全てをあきらめると
パニックもおさまるのですが、
何故ここまでの思いをしなければ、
仏性?無意識?は助けにきてくれないのか。
それほど私の左脳が口やかましいのと、
無意識の存在を信じきれていないから
かもしれません。
どうしたら信じることができるのでしょうか。
++++++++++++++++++++++


なや、KY君に風子さんはきいているのにKYはな、自分の勉強だかなんさかしらんけどな風子さんの質問には答えないやんかあ、何やね、自分の事だけやんなあ、
愛やね、+愛+

なあ、管理人さんな、かわりにな、風子さんの質問に答えてくれへんか?どうぞお願いですわ

ああかみよ
 

がっかり、男前・直人さんよ、、

 投稿者:ドリーミングガール  投稿日:2019年 4月28日(日)13時42分0秒
  [4724] 安楽な治癒の道 投稿者: 男前

>出来ないようでも出来るのが、強迫的思考その意図的停止だ。

これは必要だろ
++++++++++++++++++++++++++++



なや男前・直人さんまでなあ、そないなことゆうて、がっかりや。
なあ、あんたら、ほんま、なおってんの? ああ、しんど
管理人様ナントカして~
愛よ
 

うつ病・パニック障害は 治る病気ですか

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月27日(土)22時42分45秒
  うつ病・パニック障害は
治る病気ですか。


>>>管理人


欝は自分の気分とかに縛られている状態かも知れません、気分とか調子の善し悪しに振り回されなくなった時に治ったという言い方が出来るのかも知れません。

パニック障害は『心の内部での、情報のやり取りに四苦八苦している状態ですので、情報のやり取りの仕方を学ぶ事で、パニック状態からは解放されると思います。』

共に神経症とかノイローゼの症状に悩まされている状態と思いますので、
乗り越える事が出来た時点で治ると思います。

神経症は『自分の心同士の矛盾とか対立とか分裂を悩む事で発症する状態です。』処が精神科医とか心療内科の医師達は『なぜ人間の心が苦しくなるのか?』と云った事を学ぶ事なく医師免許が取得出来ていますので、医師仲間の中では一番の自殺率の高さを誇っています。

何故人間の心が苦しくなって、如何したら人間の心が安楽になるのかの原理一つ、医師は学ぶ事なく学習は完了しています。そういう人達が『薬による処方をして』心の癒しと云った大事な医療を行っているのだと思います。』

原因が分からないままに、あれがだめならこちらの薬でとやっているのだと思います。

うつが治ったり、パニックが治るという意味は「『症状が出たとしても気にならなくなる状態』を作り出す事の中に在ると思います。従って二度と症状に悩まされる事が無くなる事を意味すると思います。つまり完治が精神医療の目指すべき方向という意味です。

今の精神医療の到達点は『寛解』が限度となっています。

原因が分かっていない事を示す証拠となっていますが、本来の医療の目的とか到達点とは完治の筈です。何故完治を目指さないのかが分からないと思います。
 

風子さんへ

 投稿者:KY  投稿日:2019年 4月27日(土)21時26分51秒
  返信ありがとうございます。

参考にさせていただきます。

5月にトンネルで、パニック発作をおこすので、車の運転を控えているという知人に会うので、幼少期のストレスを聞いてみるつもりです。

ロンドン大学の教授は、精神疾患の50パーセントは14歳以下の幼少期の強いストレスが要因といっています。

今、勉強していて、新潟で小学4年生の女児が、誘拐され、犯人宅の2階で、9年2ヶ月も一緒に生活していた事件がありましたが、犯人は暴力によって女児を支配していて、スタンガンも使用していました。
すると女児は、そのうちスタンガンの痛みに慣れるため、自らにスタンガンをしようするという行動をとり始めました。

私も、父親の暴力の痛みに耐えるため、小学5年生の時、弟に私の、太ももを何度も蹴ってもらい、痛みに耐えることをしていました。

同じことをしていたなと気づきました。

他にも、千葉大生中1女子生徒監禁事件でのPTSD等、人そのものを怖がるというのも、私と似ています。

ありがとうございました。
 

はからいは、はからい

 投稿者:これを狂いと言う  投稿日:2019年 4月27日(土)15時25分58秒
  「自力の計らいを捨てる(他力に身を任せる)」

はからいは、はからいでも、
はからいを捨てる方向へと導かせるはからいです。

↑↑↑
だから神経症を精神病と言うのです。多分生物学的原因で起きている。
長大な文章を書いていたり、聞きもしないのにこれまた長大な
回答を寄せたりしていると神経症は永久に続く。
 

/1684