新着順:2/17348 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

醜形恐怖症って病院で診断してもらえるもんなんですか?

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 1月11日(月)17時31分39秒
  通報
  醜形恐怖症って病院で診断してもらえるもんなんですか?


>>>管理人



ハイ、OKだと思いますが、治る為には余り頼りになる事は無いと思います?その理由を書いて置きたいと思います。

醜形恐怖症は、神経症に属しているものですが、今の精神医学は神経症に対しての理解を放棄しているような、態度が見えています。

神経症は森田正馬医学博士が指摘しているように、正常な反応という風に、対応するなら、直に治ると喝破しています。

その裏の背景には、森田博士その人が自身の体験を通して、神経症の治療を編み出した事、或いは神経症の実体験による治る為の方策を、示しながらの治療にに対しての実態が、長い年月による風化とか、神経症の体験による治療者の体験が、消滅の危機によって、西洋の精神医学によっての席巻が、恰も日本古来の生物や植物が外来種によって駆逐されている事と同じになっている状態になっているよぅです。

日本には古来より仏教や禅が存在しています。そうして森田療法が存在しています。

醜形恐怖症は神経症の中の一つですが、神経症の症状は様々あって、それらの症状には関連性はありませんが、神経症になると云った原因は、た一つだけです。

そうして神経症から抜け出す方策もたった一つです。

幾つか症状を挙げてみたいと思います。対人恐怖症、異性恐怖症、高所恐怖症、閉所恐怖症、先端恐怖症、醜形恐怖症、不安障害やパニック障害、吃音や書痙、他には強迫観念とか、強迫行為などです。

こう云った症状には共通した事柄があります。それは医者の所に行って各種検査をしたところで、異常が見つけられない事です。それも如何に精密な検査をした処でです。

最後に治し方と治った姿を書いて終わりにしたいと思います。

神経症の治し方は簡単です、何の症状かも問いません、治そうとしない事です。

治そうとしない事が治る為の最短コースです。

治った姿を書いてみたいと思います。治った姿は、
症状が在って当たり前と思える事です。

最後に治らない姿です。

一生掛かっても症状の消滅を図る姿です。

正常な感覚を『異常なものとしている姿が神経症の実態です。』

正常者として扱うなら,直に治るは、森田博士の言葉です。
 
》記事一覧表示

新着順:2/17348 《前のページ | 次のページ》
/17348