新着順:32/16470 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

犬の広場

 投稿者:白猫p  投稿日:2018年10月 7日(日)00時20分0秒
  通報
  [143] 担雪埋井
投稿者: 犬 投稿日:2018年10月 6日(土)14時53分36秒   通報   返信・引用   編集済

担雪埋井


ぼくなりにこれを解釈してみると、
雪で井戸を埋めようとするというのは、煩悩を壊滅させようとすることだと思う。

でも、いくらやったって、煩悩はまったく消え去らない。

なぜかと言えば、煩悩を自力で消そうとしているから。

そこで、他力の象徴として、本物の聖人が現れる。

二人で協力して取り組むことで、
井戸の中の水は次第に冷えていき、徐々に、水の中で雪が溶ける時間が長くなってくる。
そうしていくうちに、水は段々とシャーベット状になっていき、雪が溶けなくなってくる。

そして、最終的には、雪で井戸を埋めることに成功する。涅槃の境地の達成だ。


 ↑
  ↑
   おとぎ話とはこのこった。 仏教は斎藤氏みたいに思い込んで拡大解釈するもんじゃないとさ

神は犬に神聖なる道具を与えたが、その道具を間違って使いたもう故、それにて犬は蝕まれた、たいへんたいへん、さああどうなる事やら、


HNさん助けてあげて
この犬は神経症でいる事で承認欲求を満たしてるんよね

ああ、
神よ
 
》記事一覧表示

新着順:32/16470 《前のページ | 次のページ》
/16470