新着順:78/16447 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

パニック障害

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月 9日(水)07時38分4秒
  通報
  私は約六年間、パニックによる過呼吸発作や予期不安で毎日苦しんでおります。
そこから抜け出すにはどうすればよいのでしょうか?


>>>管理人



パニック障害は、予期不安とか恐怖症とか不安症といったものを悩んでしまって、更なる予期不安を呼び寄せているものです。

こう言ったものを総称して神経症と呼んでいますが、いわゆるノイローゼを悩んでいると言っても良いと思います。これから書く事は理屈でしかありませんが、この理屈が分かったところでパニック障害から逃れる事は難しいかも知れません。

ですが解らないでいるよりは、遥かに完全解決の近くに位置する事を意味すると思いますので、あえて書いて置きたいと思います。

今の貴方には理解出来ない部分があるかも知れませんが、治って来た時には、心の底から納得出来るようになっていると思います、従ってこの文章にうなずく事が出来た時には、貴方はパニック障害の外側に居て、パニック障害が治るという事と、治らないでいるといった事に付いて詳しくなっていると思います。

今は分からなくとも良いですから、読んで置いて下さい。

パニック障害の奥に潜んでいる事は『自身の生命とか人生とかに関しての不安感や恐怖感』に怯えている事を意味しています。その原因は貴方の個性に依っています。この意味は貴方は他の人よりも心配性とか、神経質な性格傾向があるからです。

この傾向は、他の観点から言い表わすなら『貴方がこの人生を(深く掘り下げて、不安とか恐怖感に怯える事が無くなるように希求)解き明かして有意義に生きて行きたいといった願望の表れ、という言い方も可能と思います。

神経質で心配性な性格傾向が強い人が、その強さによって宗教家の素質になっているという言い方も可能と思います。

仏教の大元にある事柄は『一切皆苦』です。これはノイローゼと言っても良いと思います。意識地獄を言い表わしていると思います

この苦しみ(ノイローゼによる意識地獄)から逃れる方法=人生のあらゆる苦しみの根源を見抜いて、その苦しみから逃れる事を”解脱”つまり、有限のこの世での不自由な世界感からの解放を意味しています。

つまり、有限の壁の前で限界を感じていた自分の心が、この有限の壁を乗り越えて、自分の魂が解放される事を解脱と言っていますが、この苦しみの根源とは無明の故と釈迦は説いています。

意識の発生は分別に依るものと説いていますが、この分別こそが見る者と見られる者を生み出す大元を作っています。この二元論を人間は悩んでいますが、この二元論を作り出している事そのものの解明をする事がすなわち『解脱を意味しています。』

難しい話になってしまいましたが、こういう話は止めて、
とも様がパニック障害を乗り越える話をします。

パニック障害を終焉させるために必要な事は、自身に湧き上がる、感情との付き合い方を学ぶ事です。パニック障害を冷静に見た場合では『自身に湧き上がる感情に右往左往している事を意味しています。』

誰の心にも感情は湧き上がっています、怖い感情も不安な感情も全ての人に湧き上がる感情は同じです。高いところは”高い”です。狭いところは”狭い”です。人に会った印象は”会った人の印象そのものです”

こう言った湧き上がる感情に特別な反応をする時、高所恐怖症とか閉所恐怖症とか対人恐怖症とかにまで発展する事が在ります。

発症する原因は『湧き上がる感情』に過剰反応している事が原因で発症が始まっている事です。

パニック障害の発症の初めは、小さな不安感です。この不安感に過剰反応をして拒否反応をする事が発症の原因になっています。従って治ってゆく場合では、小さな不安感をそのままにして味わう事です・

小さな不安感はそのままにして置く時、小さな不安感としてそのままになっていて、すぐに消えて行って、多くくなる事はありません。

今の貴方は、小さな不安感に、ことさら過剰反応をしているだけです。この過剰反応する事によって、貴方の心は拒否反応を起こすようになっています。この拒否反応をする事から悲劇が始まっています。

貴方がパニック障害を乗り越えた時には、貴方は自身に湧き上がる感情を『冷静に見つめる事が出来るようになっています。』


湧き上がる自身の感情に、特別過剰な反応をしている事が貴方のパニック障害の原因だからです。

もう一度、云い方を替えて言って置きます。

貴方が治った時に分かると思いますが、湧き上がる感情に対する対処の仕方を学ぶ事です。湧き上がる感情を『相手にしないでいる事』或は『右往左往しないでいる事』或は『冷静沈着になっている事』がカギになると思います。

誰であっても、湧き上がる感情の虜になって、右往左往する時には『パニック状態』になる事は必定だと思います。
 
》記事一覧表示

新着順:78/16447 《前のページ | 次のページ》
/16447