新着順:41/16401 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

パニック障害

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月 7日(土)22時52分0秒
  通報
  パニック障害をお持ちの方教えてください。


当方20代前半女性です。昨年春よりパニック障害に似たような症状に悩まされています。 病院に行くことを

検討しているのですが、 自分の症状がはっきりしない所もあるため、 皆様のご意見をいただきたいです。


発端と自覚しているのは昨年春外食に行った際に胃腸の調子が悪く、お腹を下してしまった事だと思っていま

す。その際は調子が悪かったくらいに思っていたのですが、それ以降外食に行くたびに お腹を下さずとも痛く

なりトイレに駆け込むことが ほぼ毎回ありました。


そして最近になってはそれに加えて目眩や吐き気、 血の気が引くような感覚や手足が冷たくなる、 動悸がす

るなどの症状がそこまで酷くはないものの外食をする度に高い頻度で起こるようになってしまいました。


症状が起こらない場合もありますが頭の片隅には、 その恐怖がいつもよぎっている感じです。 家で食事をす

るときは一切そのような症状が なく、元々外食をすることもそんなに多くなかった為、 正直そこまで不便に

感じたことはなかったです。


しかし先月美容室や歯医者でも同じ症状に襲われ倒れる寸前までなってしまいました。いきなり血の気が引い

ていく感覚と家以外の場所で そのような事になる強い不安感が襲いました。 色々自分なりに調べてみるとパ

ニック障害に症状が似ていると感じるのですが、ネットで調べた所 自分はそんなに頻繁に症状(発作)が起こら

ないことから、曖昧に感じ、病院に行く決心が出来ません。


症状が起きるのは外食の際と食事が絡まない場では先日の美容室と歯医者が初めてです。 回数にしたらこの

一年ほどで10回程と思います。(そのうち倒れる寸前までいったのは美容室と歯医者のみ)似たような経験をさ

れた方やパニック障害をお持ちの方ご自身の経験を教えていただけないでしょうか。また、このような症状で

も受診するべきか…どんな意見でも良いのでお聞かせ願いたいです。



>>>管理人


パニック障害は、治るまでは大変な苦しみが伴いますが、治るという事を理解するなら難しくはないと思います。心の問題は若い頃では大変悩ましい問題と思いますが、年を取って来て人生経験を積んでゆく過程で、分る事が多くて、苦しみが深い程、安心も深い事が理解出来ると思います。

人生経験、或は人間の心理というか、人間そのものの理解が深まる時に自動的に解消する問題と思いますので、あまり深く悩まずに、何時か年を取ったらわかるかも知れないという位達観して結論を急ぎ過ぎないでいると良いと思います。

パニック障害が起きるからくりを書いてみます。その最大の原因は、人間は悩むように出来ているからです。こう言った人間としての悩みが始まる年齢とか心の成り立ちとは、仏典とか経典とか聖書にに書いてある通りです。

人間は大人になるに従って、悩みが増えて来て、苦しみが深まって来るといった事が書いてあります、それは罪の意識とか業の深さとして説明がなされているようです。

そう言った事を悩んで、解消する術が書かれているものが、仏典とか聖書の中の内容と思います。貴方に宗教を進めている訳ではありませんが、『どうして人間(自分が)苦しまなければいけないのか?』という問題を今の貴方は悩んでいる事を意味しています。

(何処から押し寄せてくるのか、分らない得体の知れない、)漠然とした不安を抱える事が、聖書に書いてある「罪の意識」に相当します。


こう言った難しい話は止めて、貴方がパニック障害に似た症状に苦しむ事が無くなるような方向で話を進めたいと思います。

人間の心は、苦しみを嫌うように出来ています。そうして喜びの方が好きに出来ているようですが、この好き嫌いを言う心が大きくなり過ぎた場合、嫌う余り『予期不安として、苦しみが襲って来ないのに、自分から頭の中に不安とか恐怖を作り出してしまう場合があります。

いわゆるノイローゼの状態という意味です。現実に不安とか恐怖が襲ってきていないにもかかわらず、(自分の頭の中で自分で作り出した不安とか恐怖感を味わうという意味です。

いわゆる恐怖症とかパニック障害と言われているものが今書いた事柄に相当します。

抜け出す方策を書いて置きますのでこころみに試してみて下さい。

不安はそのままで味わうならそれだけで終わってしまって、後を引く事はありません、ましてよ期不安になったりトラウマになったりする事はありません。

パニック障害の最大の原因は『小さな不安を感じないように工夫する事で、予期不安を呼び寄せています。』そうしてその予期不安を嫌う心が『パニック障害を呼び寄せています。』

パニック障害の症状の始まりは『小さな不安』です。この小さな不安をそのままにして置く時、小さな不安のままで終わりますので記憶には残らないように出来ています。

その小さな不安を大げさに感じて予期不安として対応する事から『意識に上がって来て』大変な苦しい想いをする事になっています。

小さな不安をそのままにして置く事、その次にパニックの症状が現れそうになったら、不安よもっと大きくなって襲ってこい!と腹をくくって捨て身になって下さい。それだけでパニック障害とか恐怖症は卒業する事が出来ます。

精神科医の元に行って薬を貰って不安を消そうとする時、その消そうとする心がノイローゼを呼び込む事になります。薬で不安を消そうとしないで、不安は受け容れた時から不安ではないものに変化しています。

不安とか恐怖から逃れる術は、それを受け容れるに勝る最上の術はありません。不安から逃れようと一生懸命になったなら、一生掛かってもノイローゼから抜け出す事が出来なくなります。何故なら初めから不安とか恐怖は存在していないものだからです。

良いの悪いのと『分別する心が、予期不安として不安を恐怖に替えているだけだからです。』

楽になりたい心を捨てた時、不安の影は無くなっています。

或はもっと苦しんでみようとする時も、不安は無くなっています。

心を平安に保とうとする心を捨てた時、同時に不安な心もなくなっています。

それが分別を捨てよという意味です、或は「楽をしたいという”我”を捨てよ!」といった意味に通じています。

心を平安に保ちたいとか、安心をしたいという心が、不安や恐怖を呼び寄せているだけと言えるからです。
 
》記事一覧表示

新着順:41/16401 《前のページ | 次のページ》
/16401