新着順:55/16400 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

不安障害。治りますか?

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 2月22日(木)20時27分31秒
  通報
  17歳女子です。
高1のときに自律神経失調症(不安障害)と診断されて
3年近く経つのですが治る気配が無いです。
治す努力はもちろんしてきました。
呼吸法、規則正しい生活、軽い運動などなど。
頑張って学校にも通って卒業も決まっているし
大学進学を夢見てずっと勉強してきたけど
落ちてしまって挫折感でいっぱいです。
大学からは特に勉強に年齢は関係無いし
体を治してからまたチャレンジしてみたら
いいんじゃないの?と周りは言ってくれるのですが
やはり現役に縛られてる自分が居ます…。
私的にも体を治しつつ浪人するか
通信制大学に進むか
フリーターでバイトをしつつ資格を取って働くか
のどれかかな?と思っています。
もし後期や専門を受けて受かったとしても
このまま不安障害を持ちながら通うのは難しいと
思いますし大学が近くに無いので一人暮らしになるので余計に。
中退となるとそれこそ親にも迷惑をかけてしまうので…。
これから何をするにしても
とにかく不安障害を治したいです。
すぐ頻脈になって暑くなって耐えられない、
その割に手足が冷たくなる、頭や手足が痺れたり
震えが止まらなくなります。
このままだと親に必ず取るように言われているし
車が無いと生きていけない田舎に住んでいるのに
車の免許すら取るのは難しいなと思うくらいです。
どうやったら治るのでしょうか?
付き合っていくしかないのもわかるのですが
もう病気を理由に逃げたくありません。


>>>管理人


不安障害も自律神経失調症も、身体とか脳の検査をした場合では、悪いところを見つける事は出来ないといった特徴があります。言い方を替えると悪いところは無いと言っても良いと思います。本人の訴えだけが特徴です。

こういう場合を、昔の言い方をするなら、ノイローゼとか神経症と言っていたと思います。今は医学が進歩をして昔の言い方はしなくなった様に見えていますが、今の医学では根本的な治療を放棄して、対症療法に終止しているように見えています。

ひと昔前の治療法に森田療法というものがあります、私の場合ではこの治療法で完治した経験がありますが、治ってしまって振り返ると分かる事が在りますので書いてみたいと思います。

森田療法の考え方は『健康人』として扱うなら治る。というものです。神経症の症状は本人が頭の中で作っているもの、というものです。更に言うなら、症状を相手にしない生き方が出来るようになったら治っている。というものです。

この為のの基本を2から3か月間の入院生活で教えるといった、入院森田療法で生活指導という形で教えるものでした。今も受け継いでやっているところは沢山あるようです。

基本は症状を口にしないという事、是は『不問』という事です。これが絶対条件です。症状が強く出たとしても、症状が出なくなって、生きやすい状態になったとしても、『不問』を貫く生き方です。

症状が強く出ても、悲観したり、口にしたりしない。

症状が出なくなったとしても、喜んだり口にしない生き方です。

たったこれだけの事ですが、こういった生き方が出来た時に『ノイローゼは治っています。』
 
》記事一覧表示

新着順:55/16400 《前のページ | 次のページ》
/16400