teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


これからが大切!

 投稿者:tomoni(管理者)  投稿日:2005年12月 4日(日)21時03分6秒
  Waさん,「障害者自立法」の意見募集のお知らせありがとうございました。
法律が決まると,もう何も変わらないという気持ちになってしまいますが,この法律は,詳しい政令・省令しだいで,ガラリと扱いが変わってしまいます。これから決まる予算案にも影響を与えるため,さっそく各団体から要望書などが出てきています。
(例えば,日本障害者フォーラム(JDF)からは・・http://www.jdnet.gr.jp/JDWebLetter/2005/20051121.htm
パブリックコメントに団体などで連名で出した意見は,どれだけ多数が出しても,意見数は「1」と数えるそうです。ですから,みなさん一人一人が自分の言葉で出すことが必要だと思います。
 
 

パブリックコメント

 投稿者:Waメール  投稿日:2005年12月 4日(日)17時21分40秒
  「障害者自立支援法に係る政省令で定める事項」に関するご意見募集(パブリックコメント)実施要項が厚労省のHPに掲載されました。
( http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p1125-1.html )
例によって締め切りは12/9!!…皆さんのご意見はチャンと聞きましたよ、というアリバイ作りの
ためかい?と訊きたくなるような短期間です。
書き込んでも虚しいかも知れないけど、黙ってれば「異論は無かった」ってことになります。
何かは言わねば…。
 

この国の行方

 投稿者:tomoni  (管理者)  投稿日:2005年11月 1日(火)23時24分24秒
  次は「福祉目的」(また?)としての消費税の増税やら,年金・医療費の再々見直し,(公務員はもちろんですが)徹底した職員減らし,利用者負担の引き上げ・・・・,次々と「ジャブ」が待ちかまえているようです。それが,特に手厚い援助や配慮が必要な方々の医療・福祉・教育・生活に与える影響はとても大きいはずです。
「仕方ない」では,要求や改善のアイデアがないと思われてしまいます。私たちの発想も変えていかないといけませんね。
 

監視と要求

 投稿者:Waメール  投稿日:2005年11月 1日(火)22時13分8秒
  予想(予定?)どおりに、支援法が衆議院も通過しました。兎に角、一刻も早くお金を集め始めないことには行政が滞ってしまうんですから、「敵」も必死です。既に医療費の一部負担は始まっており、この後、続々と"ジャブ"の乱打です(支払い手が倒れてはいけないので、必殺パンチは決して出しません)。
まだ確定していませんが、日中の生活介護の施設条件に児者:スタッフ=1:1が加わる可能性あります。そうなると、人件費が問題になり、看護師は看護基準ギリギリに抑え、介護福祉士や保育士・指導員を導入することが想定されます。(福岡病院では"先取り"して各病棟に介護福祉士8人ずつを既に採用)
…じゅんさんの希望は、案外近いうちに実現の可能性もありますね。
「応益負担」していく以上、監視し、要求する姿勢が、これまで以上に必要です。
"ジャブ"に負けぬよう、足腰を鍛えつつ、こちらからも打ち返さねば…。
 

施設職員

 投稿者:tomoni  (管理者)  投稿日:2005年10月13日(木)00時15分46秒
  じゅんさん,ご投稿ありがとうございます。
みなさん,ぜひアドバイスを書き込んでください。
案ずるより,チャンスがあれば実際に施設を見せていただいたらどうでしょう。施設見学や当事者に接するチャンスはあるものです。(夏祭りや行事へのボランティア参加,隣接する養護学校の学校見学会,青年学級などなど)
「何かボランティアで関われる行事などはないでしょうか」と直接聞いてみれば,教えていただけるかもしれません。
本会の宣伝になって恐縮ですが,本会に賛助会員として入会していただければ,年間で何回も密に関われる機会をご紹介します。(また,参加する賛助会員には,施設職員や教員,医師,看護師などさまざまな職種の方がいますので情報交換もより具体的にできますよ!)
もし,よろしければご入会を検討ください。(強引ですね・・すみません)
直接当事者の方と接していただければ,じゅんさんのこれまでのご経験とはちょっと違った配慮(例えば,健康安全に関わること,食事に関すること,姿勢に関することなど)があることがわかると思いますし,じゅんさんのような方なら(「重症」という言葉に惑わされずに)気持ちが通じ合える喜びを感じられるはずです。
学校や他の職場で学んだことが何かしらの自分の土台になることは確かでしょうが,技術的な問題よりも,やはり目の前の方々と気持ちを通じ合いたいと思える真摯な気持ちをお持ちなら,きっと給与以上の喜びがあると思います。
重症児施設はさまざまな職種がスクラムを組んでいます。その中でじゅんさんの考えている仕事が本当に「介助員」なのか,施設の方から聞いてみる必要があると思います。
 

重症心身障害児施設

 投稿者:じゅん  投稿日:2005年10月12日(水)22時35分4秒
  重症心身障害児施設で介助員として働いてみたい気持ちがあるのですが、対応面はかなり大変でしょうか?
知的障害者更生施設では、学生時代に実習で1ヶ月経験がありますが、おそらく介助内容は全然違うように思えます。又、老人介護勤務経験はあり介護福祉士は持っています。
 

交流セミナー終わる

 投稿者:tomoni(管理者)  投稿日:2005年 9月18日(日)14時21分50秒
  パソコンが壊れて,HPならびに掲示板がしばらく更新できませんでした。
ご迷惑をおかけしました。
さて,9月10日~11日,青森市の浅虫温泉にて恒例の「交流セミナー」が行われました。
会の10周年の歩みと同じくして,このセミナーも毎年継続されてきました。
今年も県内の当事者,保護者,関係者のつながりを深める貴重な機会になりました。
ロックコンサート(画期的!)やねぶた囃子をみんなで楽しむ時間の他,親の学習の時間が設けられました。夜遅くまで話し合う親御さんのエネルギーはいつもながらです。もっと本音で話し合う機会がほしいですね。
 さて,選挙が終わりましたが,結局福祉の問題は争点にあがらないまま。すぐに9月21日からの特別国会で「自立支援法」が再提出されます。「どうせ・・」と思わず,みなさんでしっかりと注視していきましょう。
 

他の人は?・・・

 投稿者:tomoni(管理者)  投稿日:2005年 8月29日(月)23時27分58秒
  がいままさん,いつも投稿ありがとうございます。
ご紹介いただいたアンケートを見ました。こういう問いには全候補者が答えてほしいですね。福祉や暮らしを守るといっている候補者もいるはずなんですが・・。名前の連呼だけでなく,少なくとも私たちに見える形で主張を伝えてほしいです。
国として福祉をどう考えていくのか,今回の選挙でも,あまり争点になっていないところが,やはり残念です。
 

衆議院議員選挙

 投稿者:がいままメール  投稿日:2005年 8月29日(月)12時16分30秒
  waさんがご紹介頂いた、「障害医療研究会」私も期待します。
また自立支援法もwaさんのおっしゃる「判定員に本人を知っている」というのがどんな法案であってもミソ(融通が利くかどうか)だと思います。

いよいよ明日から衆議院議員選挙が公示されますね。
「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動」実行委員会による【2005衆議院議員選挙】「障害者福祉施策の推進に関するアンケート」(全立候補者に送付)の結果がアップされていました。
ご参考までに(青森3区以外は1人ずつですが回答があります)
http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/syuinsen/index.html#kaito
 

大いに期待します。みなさんでアピールを!

 投稿者:tomoni(管理者)  投稿日:2005年 8月24日(水)00時27分7秒
  なるほど。確かに自立支援法の議論では,作業所等で働く方や地域で自立生活を送る方などの「障害者」モデルが多かったですね。委員会審議では,「重症心身障害」の質疑はなかった,といわれてハッとしました。その意味では,情報提供していただいた「障害医療研究会」の発足,とても心強く感じます。
巷では,法案反対の人のおかげで支援費や今後の予算のお金が行き詰まってしまったとか,精神障害の方や福祉の規制緩和の例を出して,「この法案をこのまま通してほしい」という法案賛成の声もあります。
守る会の運動はどちらかというと水面下の動き?で改善を求めることが多いような気がしていますが,審議では,法案の再提出を見越して,「障害医療研究会」など多くの関係団体とのつながりをもちながら,重症児(者)の問題を明らかにしてほしいなと,私は考えます。
 

レンタル掲示板
/11