teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


全画面

 投稿者:佐賀県守る会  投稿日:2005年 6月13日(月)12時24分14秒
  こんにちは、修正ありがとうございます。
初めてと書いてありますが、本当ですか??
フレームページなので、リンクからリンク先に行くときは
全画面か別窓にするのがいいとおもいます。
リンクの挿入から選んで、してくださいね。
どうしても青森県のフレームが残るのが残念です。。。。
 
 

URL訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

 投稿者:tomoni(管理者)  投稿日:2005年 6月12日(日)09時44分35秒
  「佐賀県守る会」よりご指摘がありましたURLの誤りを修正いたしました。
当ページの管理者は、ホームページ作成がはじめてなものですから、いろいろと不備があろうかと思います。今後ともお気づきの点は、お知らせいただけると幸いです。
なお、山崎國治様より、福祉の動向について最新のまとめをいただきました。大切に活用させていただきます。
 

URL間違い

 投稿者:佐賀県守る会  投稿日:2005年 6月11日(土)21時33分22秒
  リンクをしていただいていますが、申し訳ありませんがトップページが
違いますので、こちらでお願いします。
http://www.geocities.jp/koze1107/index.html

http://www.geocities.jp/koze1107/index.html

 

衆議院の審議の様子がビデオで見れるんです!

 投稿者:tomoni(管理者)  投稿日:2005年 5月29日(日)12時38分10秒
  「障害者自立支援法」については、現在国会審議が続いていますね。
5月17日には、異例の多い人数で参考人招致が行われました。

全国から6600人の当事者・関係者が集まった5月12日の集会もすごかったですが、あまりにも反対の声が大きいということで法案の修正の動きが出てきました。

現在の法案では、福祉利用料想定は、障害年金1級の年金(8万3千円)の方で、2万4600円が負担上限です。利用料の1割負担といっても、実際は2割以上のお金の負担が必要になるという指摘もあります。医療費や食費、水・光熱費、補装具や車いすまですべてにかかる1割負担ですからね。これは大きいです。

国会の審議を見たい方は、インターネットで見ることができます。(衆議院TV)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm
に入ったら、カレンダーの5月17日をクリックしてください。
そのあと、厚生労働省の委員会を選ぶと,各党と参考人の意見の録画を実際に見ることができます。
 

5.12 障害者自立支援法案を考えるみんなのフォーラムが行われました

 投稿者:tomoni(管理者)メール  投稿日:2005年 5月15日(日)09時39分41秒
  5月12日 東京日比谷でおこなわれた「障害者自立支援法案を考えるみんなのフォーラム」が、たいへんな盛り上がりのなか、終了しました。守る会も会員になっている日本障害者協議会の主催です。
その様子については以下のページからごらんください。
http://www.jdforum.jp/index.html

郵政民営化ばかりが注目される今国会ですが、「自立支援法」に対する全国の不安や意見が国会審議のなかで、取り上げられていくことになるはずです。みなさんで注視していきましょう!
 

これからもよろしくお願いします

 投稿者:tomoni(管理者)メール  投稿日:2005年 5月15日(日)09時27分40秒
  佐賀県守る会のみなさん、書き込みありがとうございます。
佐賀県のホームページは、山崎顧問の部屋など、充実したHPで私たちも大いに勉強になります。
相互リンクの件、こちらからもお願いします。
メールで不具合があったようで申し訳ありません。メール送信させていただきます。

本会へのメール   tomoni@mamorukai.club.ne.jp
 

リンクについて

 投稿者:佐賀県守る会  投稿日:2005年 5月13日(金)08時26分54秒
  ホームページ開設おめでとうございます。
相互リンクをお願いします。
メールを送りましたが、「帰ってきたようです。」
1度メールを送っていただければうれしいです。

http://www.geocities.jp/koze1107/index.html

 

障害者自立支援法への意見紹介

 投稿者:tomoni(管理者)メール  投稿日:2005年 4月16日(土)18時05分27秒
  障害者自立支援法案について,さまざまな意見が出てきています。
4/11に,障害者自立支援法案に関わる児童への影響ということで,「障害者の生活と権利を守る全国協議会」が厚生労働省との話し合いをもっています。重度の障害があるお子さんをもつ親からは以下のような意見が出されていました。
(詳しくは,http://204.3.212.241/news/opinion/child/index.html

●肢体不自由通園はほんとうに障害の重い子どもが通っている。虚弱で通えない子もいる。休むと施設の減収になるというのではこうした子どもへの対応が後退するかもしれない。

●命と向かい合いながら生きており、医療的支援が必須。呼吸が楽になったから食事が食べられるというような子にとって、呼吸を楽にすることは生命の基盤。そうした医療的機能が「機能別」ということで別の利用料が発生したりするということになると、「息をすることにもお金を払うのか」ということになる。障害の重い子どもは生まれたときから費用負担を背負うのか。

●補装具などは成長に応じて何度も作り直さなければならない。今でさえ、立て替え払いのお金を工面することに苦労しておられる保護者も多い。これが1割負担で負担が増えることになる。

http://204.3.212.241/news/opinion/child/index.html

 

 投稿者:tomoni(管理者)メール  投稿日:2005年 4月 5日(火)22時23分58秒
  「グランドデザイン」「障害者自立支援」というと大変夢に満ちた印象がありますが,支援費制度の財政的な圧迫をなんとかしようという大きな流れの中でまとめられた「福祉改革」案ですから,大いに議論し,声を上げていきたいですね。成年後見制度との関係は,なるほどと思いました。また障害の評価項目は,実際の法律を運用する土台になりますから,生活に大きな影響があることですね。今後も,さまざまな視点からみなさんの発言を期待します。
ここでは,素朴な思いや疑問,賛否両論が発言できる掲示板です。
 

情報交換会

 投稿者:Waメール  投稿日:2005年 4月 4日(月)00時07分15秒
  北浦会長、秋山副会長と東京・松本の守る会会員、そして国立病院機構(元・現)の医師4人での情報交換会に参加してきました。
全国的に見て、重症児病床の2-3割は大島分類のⅠ群(1-4)=定義上の重症児、ではない方が利用している現実、一方で、福祉レベルを維持向上させつつ厚生福祉予算の逼迫を何とかしようというグランドデザイン、…増税を回避しつつ何とかするには、そこに応益負担を設定せずには済まないようですし、障害の軽い方々の施設利用は制限されることになりそうです。
施設がどんどん潰れては路頭に迷う重症児が続出しかねませんので、負担金収納が施設の仕事ということになると、契約に基づく支援費制度、という点を考え合わせるとき、契約をきちんと出来ること、が必要になります。即ち、成年後見人無しでは契約できない=施設利用できないことになります。ご両親や兄弟姉妹が後見人になる手続きが早急に必要と考えられます。
生計を一にする、という支払いの責任者も、単に同居、年金管理の有無、といったレベルでなく、健康保険の被保険者という面からも規定されますので、家族はそれなりの負担の覚悟も必要そうです。
既に、障害度評価法の項目策定に入っていますので、本当に目離しできない状況と言えます。
取り敢えず、入院入所児者が(より適切な処遇に変更することはあっても)「単に追い出される」ことがないよう、人間としての最低限の健康と生活(生活保護レベル以上)が保障されるよう、見据え、要求していかないと大変なことになりそうだ、というのが、会での大凡一致した見解でした。
利用施設との連携・情報交換を強化していく必要がありそうですよ。
 

レンタル掲示板
/11