teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


タブをスペースに設定する

 投稿者:みゆき  投稿日:2008年 4月23日(水)14時13分5秒
返信・引用
  [Window]-[Preferences]
[Java]-[Code Style]-[Formatter]
Select a profileの[New]
Profile name:適当に
[OK]
[Indentation]タブの
[General settings]-[Tab policy]をSpaces onlyに設定。
[OK]
[OK]
 
 

TOMCATのSSL対応

 投稿者:みゆき  投稿日:2008年 4月 4日(金)16時28分37秒
返信・引用
  ①コマンドプロンプト立ち上げ
②jreのフォルダ\binへ移動
③以下のコマンドを打ち込む
 keytool -genkey -alias tomcat -keyalg RSA
④パスワードを聞かれたらchangeitを入力
⑤その後名前などは自由に入力
⑥国番号を聞かれたらjpと入力
⑦登録情報があっているか確認メッセージがでたらyesと入力
⑧パスワードを聞かれたらchangeitを入力

⑨keystoreがC:\Documents and Settingsのユーザーフォルダ
 にできているのを確認
⑩空白のないパスの位置にkeystoreをコピー
⑪Tomcatフォルダ\confのserver.xmlを書き換える
  <!-- Define a SSL HTTP/1.1 Connector on port 8443 -->
  以下の
  <Connector port="8443" maxHttpHeaderSize="8192"
  を
  <Connector port="443" maxHttpHeaderSize="8192"
    に書き換え。

  <Connector port="443" ~ clientAuth="false" sslProtocol="TLS" />
  までのコメントアウト表記(<!-- と-->)を削除

  <Factory className="org.apache.catalina.net.SSLServerSocketFactory"
        keystorePass="changeit"
        keystoreFile="keystoreの場所をフルパスで記載" />
  をコメントアウトを削除したものの後ろに追加する。
 

kyozai環境の作り方

 投稿者:みゆき  投稿日:2008年 3月26日(水)18時27分3秒
返信・引用
  ×マークが消えない場合は
 [Window]-[Preferences]
 [Java]-[Installed JREs]
  でjdk5が入っていることを確認
 [Java]-[Compiler]
 Compiler compliance levelが5.0になっていることを確認
 [Project]-[clean]を実行すること
 

表領域の作成

 投稿者:みゆき  投稿日:2008年 1月16日(水)21時09分47秒
返信・引用
  1.基本
 create tablespace 《テーブルスペース名》 datafile'《どこでも存在するディレクトリ名》' SIZE 《指定サイズ》;

2.表領域が不安なときは・・・
create tablespace 《テーブルスペース名》 datafile'《どこでも存在するディレクトリ名》' size 《指定サイズ》extent management local autoallocate;
 →エクステントサイズが自動的に管理される。

http://oracle.na7.info/11_1_tablespace.html#ローカル管理表領域の作成

 

impdp

 投稿者:みゆき  投稿日:2008年 1月16日(水)21時02分34秒
返信・引用 編集済
  expdpしたものをインポートする際、impdpでインポートする。
コマンドプロンプトで、
1.sqlplusにログイン
 sqlplus 《ユーザ名》/《パスワード》@データベース別名
2.ディレクトリオブジェクトの作成
 create directory 《ディレクトリオブジェクト名》 as 'サーバのdmpファイルを置くディレクトリ名フルパス'
3.ディレクトリに対する読み書き権限を与える(管理ユーザで)
 grant read,write on directory 《ディレクトリオブジェクト名》 to 《ユーザ名》
4.sqlplusからログオフし、impdpを実行
 impdp 《ユーザ名》/《パスワード》@《データベース別名》 DIRECTORY=《上記設定ディレクトリオブジェクト名》 DUMPFILE=《ダンプファイル名》 LOGFILE=《ログファイル名》

http://d.hatena.ne.jp/kosaru/mobile?date=20080108

 

みんなの教材環境作成

 投稿者:みゆき  投稿日:2007年10月15日(月)19時32分48秒
返信・引用
  教材環境作成時、変更必要項目
パスを自分の環境にする必要あり

> tiles-defs.xml
> velocity.properties
> web.xml
 

Re: みんなの教材用最新ソース取得環境作成

 投稿者:みゆき  投稿日:2007年10月15日(月)17時52分22秒
返信・引用
  > No.2[元記事へ]

> 3.エラーの解除
>  Window-Preferences-velocity
>  HTML Syntax ValidatorのManual Buildのチェックをはずす
>  JSP Syntax ValidatorのManual Buildのチェックをはずす
>  [OK]
 

Eclipseの使い方

 投稿者:みゆき  投稿日:2007年10月15日(月)17時20分59秒
返信・引用
  Ctrl+Shift+R
で、ファイル名で検索がかけられる。
 

URIの見方

 投稿者:みゆき  投稿日:2007年10月 9日(火)21時53分24秒
返信・引用
  http://localhost:8080/prototype/
prototype/src/main/java/jp/go/jpf/kyozai/web

home--初期画面
list--一覧画面
input--入力画面
search--検索
detail--詳細
confirm--確認
complete--完了
 

Selenium確認系

 投稿者:みゆき  投稿日:2007年 9月28日(金)16時23分32秒
返信・引用
  タイトル一致:assertEquals("タイトル名",selenium.getTitle())
テキスト一致:assertEquals("テキスト内容",selenium.getText(arg0))
ラジオ一致 :isChecked(arg0)
   uncheck(arg0)
チェック一致:isChecked(arg0)
              uncheck(arg0)
ページ内に文字列が含まれるか
   :assertTrue(selenium.isTextPresent(arg0))

http://wiki.openqa.org/display/SEL/Selenium+0.7+Reference+(Japanese)

 

レンタル掲示板
/2