投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


復活

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2017年10月15日(日)14時01分10秒
  ある方のご協力で、ニーハオ広場が中国から使えるようになりました。
また復活したいと思っていますので、宜しくお願いします。
 

九干一水

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年11月10日(木)15時02分27秒
   中国人観光客の「爆買」が、洪水が引くように去った。
 洪水と言えば、1998年所謂九八大水害の直後、私は内蒙古の通遼を旅してきた。
 草原を地平線の果てまで直線に延びる道路に、奥地から家畜を積んだトラックの列が続く。信じられないが、この大平原が全て水浸しになったのだ。その爪痕は残っていた。
 中国大陸を、飛行機から俯瞰すると、平原の丘陵がお椀のように見える。これが、大河の洪水が流れを変えた砂紋の跡だ。
 土地の人は、この現象を「九干一水」(乾燥と出水の繰り返し)と呼んで100年に一度の大水害も受け入れている。
 出水は、また沃土を運んでくれるから。
 アメリカの大統領が、大方の予想を覆してトランプ氏が選ばれた。
 驚天動地だったのか。巨視的に見れば「九干一水」だったのか。この国の歴史はあまりにも浅い。「欲望という電車」に乗ってひた走りに走った国民だが、電車に乗れなかった国民の不満が、洪水を作った。
 日本にとっては良い機会だ。安保条約は見直しを迫られるだろう。当然だ。安政条約だって未来永劫の条約は無い。
 洪水の跡の沃土を期待する。
 電車に乗れなかった対岸の一日本人として。

http://www.ken-san.jp

 

和気致祥

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年10月31日(月)08時03分59秒
編集済
   久し振りに日本に帰って、まず思うのは、乗り物の中が静なことである。
 車内放送で、携帯電話の使用注意が流れる。
 携帯電話は話す為の物だったと思うのだが、電話一つにもこれだけ気遣いをして作られた静寂の中で、却って気疲れがするのは、私の神経が中国化したからだろうか?
 中國のバスに乗ってまず感じるのは、中国人の声の大きいこと。
 携帯電話の声が、端から端まで響き渡る。通学の児童が一斉に乗って来ると、まさに蜂の巣をつついた騒ぎ。年寄が何か独り言をぶつぶつ言っている。子供がむずかると、回りの人達が競うようにあやしている。
 久し振りで聞く子供の泣き声というのは良い物だ。この生命の騒音の中で、却って癒されるのは、私の神経がすっかり日本化したからだろうか?
 中国化した神経と、日本化した神経はときにせめぎ合う。
 そんなとき最近良いおまじないを覚えた。
「誰のせいでもありゃしない、みんなおいらが悪いのさ♪」この歌を口ずさむと、そんなことどうでもよい気になって、不思議に心が和む。まさに「和気致祥」和んだ気持ちが吉祥を招く。

http://www.ken-san.jp

 

瀋陽方丈記

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年10月30日(日)22時09分14秒
編集済
   中国の新学期は、九月である。この度瀋陽市東北大学の「漢語研修班」に入学を許されて、韓国、ロシア、ベトナム、シンガポールの孫みたいな若者達と机を並べさせて貰えることになった。年令の関係で、正規の留学ビザは下りない。学校関係者のご厚意で聴講生である。
 聴講生だから、卒業証書みたいな物は無いが、その代り学費無料という、破格の厚遇。
 授業は月水金の午前中だけ。午後は、学校構内の日本語教育機関で、日本語を教えさせて貰っている。これまでのアパートは広くて安いのだが、郊外からバス通学がきついので、学校近くの1LDKの小さなアパートに先週引っ越した。
 ここは、日本の新聞もテレビも無い。金を出せばあるが、高くて手が出ない。無ければ無いで、無いのも良いものだ。個人と個人という、一番小さいミニコミの世界で生きている。ここには、靖国も尖閣も無い。
 かつてガリレオは、あの粗末な望遠鏡で、宇宙を観察し「それでも地球は回っている」と言った。
 私もぼんくら頭で葦の髄から天を覗きながら一言。「それでも庶民は平和を愛している」と。ここには、その確かな手応えがある。

http://www.ken-san.jp

 

大巧若拙

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年10月18日(火)12時00分51秒
   松山市南高井の正友寺の注連石に、三輪田米山の筆になる「大巧若拙」という文字がある。
 老子の言葉「大直若屈、大巧若拙、大弁若訥」に由来する。真直ぐに生きる者は屈する、真に巧みな者は拙く見える、能弁は訥弁の如しというような意味だろうか。
 この老子の教えが私の中国生活で巧まざる処世術になっている。
 歴史認識、尖閣、靖国は日中間では避けて通れない問題である。私も馬齢を重ねてこの種の問題には一家言を持っているが「大直若屈」で、ことさらにそれを振り回すようなことはしていない。しかしそれでも、時にそれが話題になれば、持論を述べさせて貰っている。
 例えば靖国問題で「遠くない将来、日中の指導者が、双方の英霊烈士に表敬の参拝をしているでしょう」というのはかなり際どいが、私の下手な中国語で訥々と語ると、真剣に聞いて貰える。おまけに私は少し吃音がある。まさに「大弁訥弁」。
 話題が難しくなると、私の中国語では理解出来ないときがある。そんな時は「すみません。私は難しい中国語は分からない」と言う。
 「先生惚けるのが巧いですね」と笑って許して貰えるのは、亀の功か「大巧若拙」か。
 決して惚けている訳ではない。

http://www.ken-san.jp

 

一時帰国しています

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年10月18日(火)11時56分22秒
   折角喜んでいたのに、中国のプロバイダーからニーハオ広場がまた見れなくなりました。
 今ビザの関係で日本に帰っています。
 15日から今日まで、長崎県で開催されたねんりんピックに囲碁代表として参加してきました。それに合わせて帰国した意味もあります。
 成績は三勝一敗。当人としては不満ですが、可も無し不可もなし。
 またしばらくニーハオ広場を書かせて下さい。


 

http://www.ken-san.jp

 

母性本能

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 9月 5日(月)15時47分17秒
編集済
   私の名誉の為に言うなら、亡妻は決して私を軽んじて「貴方は私以外の女性にはもてない」と言ったのではないと思う。
 彼女は土佐の猟師の娘典型的な「はちきん」(土佐の方便でお転婆娘)で、男勝りというか男の面倒を見るのが女のかいしょというところが有った。だから私が飲んだくれて借金をしても、へそくりで黙ってそれを払ってくれた。
 遊び人の私が、「家に帰ったら食う物くらいはある」と可愛くないことを言っても取り合ってくれなかった。
 大きな子供とでも思っていたのではないか。
 事情があって私は実の母のスキンシップを知らない。だからかどうも甘えん坊で、それが女性の母性本能を引き出しているようだ。
 世の中に女性は半分居る。持てるはずがない女性に大事にして貰って今がある。

http://www.ken-san.jp

 

年は異な物

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 9月 4日(日)20時32分56秒
    私は、チビデブどもりの団子鼻。おまけに学歴は高校一年中退だから、正式には新制中学卒である。
 この辺が私の劣等感の根っこだったのか、思えば突っ張り人生だった。
 亡妻はどうも私の深層心理を見抜いていたようで、「貴方が私以外の女性にもてるはずがない」と変に暗示をかけられて、女性問題で家内を泣かせたことはない。
 最近年の所為だろうか。突っ張りの反対でひたすら他人に好かれるように生きている。異文化の中で暮らすとき、理解出来ないことはまず肯定的に捉えることにしている。
 相対的に中国の皆さんにも、「大爺」と呼ばれて親切にされるて、好かれるということの楽しさを初めて知った。
 もうすぐ一年になるが、明日学校の近くのアパートでもう一年契約して家賃を払う。

 ●嬉しいことに、何故か昨日からニーハオ広場が中国から書けるようになりました。
  少し勉強して、中国語でも書きたい。

 

http://www.ken-san.jp

 

好消息(良いニュース)

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 9月 1日(木)21時56分59秒
   今日良い事が有りました。
 東北大学の語学留学を申し込んでいたのですが、聴講生の許可が下りました。
 月水金の午前中。聴講料無料。聴講生ですから卒業証みたいな物はありませんが、そんな物より各国の若者と一緒に中国語を勉強出来るのが有り難い。しかも無料。


 今日はIPHONEで繋いだので、ニーハオ広場も書き込めます。しかし接続料2950円が痛い。
 ニーハオ広場は、近くアメブロに移転します。アメブロは中国からも使えそうなので。
 その節はまた宜しくお願いします。

 

http://www.ken-san.jp

 

にっちゃん

 投稿者:にっちゃん  投稿日:2016年 8月22日(月)14時06分3秒
  先日は、ありがとうございました。
HP、覗いています。
 

中国へ

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月21日(日)08時49分39秒
   また中国へ行くと言うべきか、帰ると言うべきか。
 今日松山空港11,55分。羽田~成田~瀋陽。よる9時20分には着いています。
 中国からは、またニーハオ広場に書き込み出来ません。
 Iphoneで繋がったので喜んでいたら、帰国後知った料金が数万円で驚きました。
 使い放題日額2950円ですが、ちょっと使っただけですぐこの限度額になってしまうのです。

 直接私のホームページ「けんさん」に書くか、別のブログを検討するか・・・。

 それと留守中大失敗しました。
 ソフトバンクからコンビニ払いの請求書が来ていたのですが、不在で期限が切れたので、VIZAカードが停止になった。このカードは現地のATMで現地通貨で引き出せるのが、魅力だったのですが、困りました。
 継続処理は次に帰国したときでないと出来ません。
 それも出来るかどうか分からない。
 まあ私が悪かったのは間違いないのですが。外国で暮らしていると、トラブルは思いがけないところにあるものです。

http://www.ken-san.jp

 

終戦の日

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月15日(月)23時07分48秒
編集済
     戦争について
  私より前の世代の人達は、あまり語らないまま去った。
  私より後の世代の人達は、あまり聞きたがらない。
  私は、語り部として少し語り過ぎるかもしれない。

  庶民の本音は、是々非々である。
  日本の指導者には、日本が中国を侵略した事実からは目を背けて欲しくない。
  中国の指導者には、侵略を独裁権力体制維持する為の道具にして欲しくない。

  日本で生まれ中国で育ち、両国を故郷と思う私はどうしても両国の良い面だけ見ようとする気持ちが強いかもしれない。勿論暗部から目を背けるつもりはない。

  今日感動的な戦争回顧番組を見た。真珠湾攻撃隊長の淵田氏が戦後宣教師としてアメリカを行脚して戦後日米友好に貢献したというのである。
  私が一番感動したのは、次の話。
  アメリカである女性が淵田氏に「私の夫は真珠湾で貴方が攻撃した艦の砲撃長でしたが、戦死しました。そしてこの子はその日生まれた子供です。この子に祝福をして下さい」
 と言う。
 更にその20年後兵学校で講演したとき、「私がその時の子供です」という子に会ったという。
 本当に感動したのは、どうもこの話がフィクションらしいというのだ。
 そしてこの美しい嘘が、アメリカ人の憎しみの心をほぐしたというのだ。

 ややこしいが、私はこんなに上手な嘘はつけない。しかし泥の中にも咲いていた蓮の花を泥の中に埋もれたままにはしたくない。
 不器用でも事実を語りたい。日中双方の権力者には気に入らないこと言うかもしれないが、それが庶民の本音だ。

http://www.ken-san.jp

 

陛下のお言葉

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月11日(木)15時36分59秒
編集済
    陛下のお言葉を聞いて、二つの面で感動した。
  まず陛下のお言葉が、象徴天皇として誠実なお人柄が滲み出ていたことである。
  二つ目は、かつて私達日本国民は、この人の為に死ぬことを第一義に教えられて生きてきたという言う事実である。私は陛下と同世代81才である。

  昭和は、まさに戦乱の御代であった。陛下のご一生もまた戦乱の中にあった。
  大日本国憲法の下、かつて天皇は国家元首であり、三軍の統帥権を持つ絶対者だった。
  軍が天皇を戴き、軍国主義軍部独裁の道を突き進む。
  天皇に反対することは、非国民だった。言論の自由なんか勿論ない。子供心に「天皇」という言葉を口にすることすら畏怖感があった。

  今中国に言論の自由は無い。憲法一条で中国は社会主義共和国であるプロレタリア政党の一党独政を規定し、何者と雖もこの体制の変革は許していない。
  今でこそ日本は、思想信条の自由、言論の自由は空気みたいな存在だが、それが無いところでは、無いのが当たり前で無いままに日常化している。
  例えば中国で腐敗を糾弾することは自由だが、腐敗の大元共産党の体制批判はタブーである。
  中国共産党も、腐敗には問題意識を持っているが、それが体制を脅かす存在であるという危機意識があるのか。
  あらゆる権力は腐敗する。権力を強化するほど巨大化する汚職。その矛盾。
  民主主義諸国が曲りなりにも持っている、自浄化能力。それは体制を批判する自由。それこそが言論の自由である。

 陛下のお言葉を聞いて、独裁社会と自由社会を両方生きて来た世代の実感である。

http://www.ken-san.jp

 

断絶

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月10日(水)02時18分32秒
   「六十にして耳従う」孔子の言葉だが、直訳したら「六十才になって人の意見を聞けるようになった」。意訳したら「老いては子に従う」となろうか。
 私は、八十になってもこれが出来ない。

 価値観の世代断絶は、考え方だけではない。伝統的な物の断絶も世代断絶の一種かもしれない。
 中国生活の中で出来たある私が大事にしている物を子や孫に貰って欲しいと思ったのだが、「物欲は有りません」と露骨に断られた。
 経済的に恵まれた世代にとって、価値観が異なる「物」は粗大ゴミなのだろう。
 思わず「物には心がある」と怒鳴ってしまった。
 伝統の継承が出来ないのは、不徳の致すところ。

 八十にして子に逆らう。
 子を欲するなかれ
 犀の角のように独り歩め
 愛しきものと別れることを厭いながらも
 犀の角のようにただ独り歩め

 野垂れ死にしても、自分が好きに生きたい。己の生き様を譲れない頑固さが己だ。それが断絶ならそれも止むなし。


 

http://www.ken-san.jp

 

暑いです 

 投稿者:にっちゃん  投稿日:2016年 8月 9日(火)12時09分39秒
  日々暑い日が続いて、庭の朝顔が、しぼまないように気を遣う毎朝です。
暑くはありますが、四季のある日本の空気のおいしさを感じています。
朝、11時頃、松山観光港です。
近くなったら、携帯 入れます。
 

時間の缶詰

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月 8日(月)17時02分31秒
編集済
   ビザの関係で、三カ月に一度は帰国する。久し振りで日本に帰って、テレビをつけたらN響がチャイコフスキーを演奏していた。
 私はクラシックに全然知識が無いが、何か画面から文化の香りが漂ってきた。
 勿論、チャイコフスキーだけが文化のような暴論を吐くつもりはない。
 しかし、中国で連日抗日をテーマにしたドラマを見ていると、この香りが懐かしい。
 これは偶然だが、部屋の時計が止まっていた。一方三カ月私の心の時計は良い意味でも、悪い意味でも止まったままだった。
 小さなタイムカプセルとも言うべき、時間の缶詰の中に居たような気がする。
 中国の時間は止まっている。長い歴史の中で、時間の単位は同じでも個人が受ける感覚は少し違うようだ。
 社会的時間はどうか。独裁政権の中での腐廃というこのこの社会が必要とする時間は、時間の缶詰のようだ。
 時間を前に進めたら独裁政権は維持出来ない。抗日ドラマは、時間の逆進即ち独裁政権の維持に功を求めているが、これこそが矛盾だ。時間を逆進させてまで缶を強化するほど、腐廃臭に満ちたガスが缶をぶち破るエネルギーとなって充満する。

http://www.ken-san.jp

 

理想の女性

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月 4日(木)07時23分2秒
編集済
   アパートの下に、小さな歯医者さんがある。中国の歯医者は、私が知る限り女性が多い。
 ここも若い女性の医者二人と事務員一人、診察台二台、待合室は診察室の片隅というこじんまりした病院だ。
 院長さんは5才の子供さんが居るそうだから、三十才前後だろうか。
 この辺の女性は体格が良いから、白衣の立ち姿は御釈迦さんの石像のように堂々としている。そしてお顔は、弥勒菩薩のように優しくて凛々しい。

 ある日、入れ歯の調整をして欲しくてこの病院へ行った。
 「はい、お口をもぐもぐして下さい」
 私がもたもたしていると
 「こうするのです。私を見て下さい」
 私が真似してもぐもぐ。
 「そうそう、良く出来ました」と、幼稚園の先生のように優しい。
 女性は歯医者の診察台の下から見上げると、その視線の先にはキリストを抱いたマリアの女神がある。
 これぞ、若くて綺麗で優しい理想の女性だ。勿論眺めるだけの高嶺の花。
 何故か横顔が亡妻に似て見える。もし写真に撮って娘達に見せたら
 「全然似てないよ」と異論を唱えられるかもしれないが。
 シャンソンにこんなのがあった。
 「貴方の浮気は許せる、お相手は皆私に似ているから…♪」

http://www.ken-san.jp

 

老伴児

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月 3日(水)09時00分28秒
   中国語で老伴児は、年老いての伴侶つまり日本語でいう茶飲み友達である。
 いい年して中国で一人暮らしをしていると、必ず聞かれるのが
  「ご家族は居ないのですか?」だ。
 「家内は10年前に先立った」と言うと、次に必ず言われるのが
 「ご不便でししょう、良い人をお世話しましょうか」である。
 実は私は一人暮らしを満喫している。先日も世話をしようと言った人が私の家に来て、塵一つ落ちていないのを見て、「家事は私の趣味です」と言う私の気障な言葉を納得してくれた。

 ある日タクシーで。運転手さんは50年配のご婦人だった。
 いつもの話題。
 「老伴児をお世話しましようか?」
 「良い人が居たら、お願いしようか」
 「どんな人が好みです?」
 「私も年だから高望みはしない。若くて綺麗で気立てが良ければ文句ない」
 彼女が笑う。
 「若いてどれ位ですか?」
 「私より若ければよい」
 「ご主人はお幾つですか?」
 「八十後」(バーリンホウ)
 この言葉は、実際は1980代生まれ一人っ子の時代生まれで、今は40才前の働き盛りの人を指して言う。ここでは私の実年齢80才代を、洒落てこういう風に言う。
 「では私でどうです?」
 「理想的だね」
 この辺で冗談は終わる。しかしどんな冗談にも何割かの本音があるという。私もそれは否定しない。
 魚心あらば水心。
 話題がすぐそこに行くのは、私が助平面をしているのだろう。

 一人暮らしの気儘は捨て難いが、先のことは誰にも分からない。
 まず無いが、絶対に無いとも言えない。

http://www.ken-san.jp

 

セクハラ

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月 2日(火)05時28分43秒
   「汝姦淫するなかれ、疚しき心もて婦女子を見たるはすでに姦淫したるなり」
 聖書の中の言葉だが、こんなに厳しく言われたら、私なんか毎日婦女暴行未遂罪だ。
 心貧しき私は、疚しき心はどうしようもないが、疚しき行動は自分で律するより仕方がない。
 ただ、最近は惚けてうっかり痴漢をやらないか。その恐怖がある。
 知り合いの弁護士さんに「その節は宜しく」とお願いしたら「貴方のは惚けたふりしての確信犯ですから、弁護のしようがありません」と断られた。
 孔子はさすがに君子だから、70才にして「心の欲する所に従えど則を越えず」と立派なことを言われたが、私なんか心の欲するままに行動したら何をするか分からない。
 だから電車やバスに乗っても、出来るだけ女性の横には行かない。
 教室でも若いお嬢さん達は、目のやり場に困るほど艶めかしい装いをしている。
 姿形もだが、言うことすることが可愛らしい。
 パワハラはやってしまったが、間違ってもセクハラはやらないように、出来るだけ温度空間を広く取っている。つまり彼女達から物理的に距離を置いて立っている。
 「李下の冠瓜田の靴」。自意識過剰かもしれないが、破廉恥罪での拘束強制送還だけは避けたい。

http://www.ken-san.jp

 

暗いニュース

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 8月 1日(月)08時27分4秒
編集済
    ネット報道だが、日中友好関係の団体の人が、中国政府に拘束されていた。
  拘束理由が不明なので、以下は我が身を振り返っての自戒である。

1 スパイ防止法。
最近スパイ防止法が出来て、三カ月毎に更新する暫定居留証の申請許可が、難しくなった。
「私は中国の法律を尊重します。どうぞ必要な手続きを教えて下さい」と丁重にお願いするのだが、公安の窓口での対応が毎回微妙に違う。
一回目 申請前の滞在したホテルの領収書を求められる。
    提出してOK
二回目 領収書でなく滞在証明を求められる。
    ホテルに行って作って貰う。
三回目 代理人でなく、本人の出頭を求められる。
    本人が行ってOK
    更に瀋陽までの航空券の提出を求められる。
    チケットは捨てて無かったが、幸い友人がEチケットの記録を携帯に残していたので、 それを見せてOK
    以前は、申請までの滞在場所は、友人が口頭で「我が家に滞在していました」と証言してくれたらOKだった。

  この種の申請はこれまでも、瀋陽、錦州、撫順で何回もやって来たことだ。錦州などは公安の方から私の方へ出向いて来てくれたほど親切だったが、今回は不愛想を通り越して意地悪としか思えない応対を受ける。
  私は自転車でよく各地を回る。そこには軍事施設もある。そんな時は私が写真を写さないことは勿論、同行する中国人のカメラアングルに入らないよう、そこまで気を使う。
  汽車の駅構内も、広い意味では軍事施設だ。そこでの撮影は厳密には禁止だが、人物撮影の背景として駅構内の撮影が黙認されているにすぎない。
  旅順の軍港は解放された。これも厳密にいうと解放されたのではない。禁止行為はある。それは具体的に何が禁止と言うことでなく、禁止の指示に従うことである。
  駅付近のホテルは三ツ星以下では、外国人は泊まれないところがある。
  軍事施設からは、24時間以内に退去しなくてはならないからだ。
 私は今自転車の一人旅は自粛している。スパイ容疑を受ける可能性があるからだ。
  第一宿に泊まれない危険がある。
 これまでは、外国人が泊まれるホテルが無いところでは、なんとかしてくれたが、今後はその保障はない。
 困るのは、宿に明示的な表示が無い。チェックインのとき、身分証明書が無いと登記出来ないと言われるのだ。パスポートでチェックインするためには、登録する機械が違う。


  2 風紀関係
  中国での風俗営業は勿論違法である。しかし、カラオケは半ば公然の風俗店である。その他、風呂屋、散髪屋など蛇の道はいくらでもある。
 もう20年以上昔、若い女性をスルーガイドにつけて中国旅行をしたとき、屈強な男性にホテルの部屋に踏み込まれたことがある。そのときは何のことやら分からなかったが、どうも彼は公安関係の風紀取り締まりだったのだ。誰かが怪しい男女が居ると垂れ込んだのだろう。勿論私達の部屋は別室である。
 中国はホテルに男女同室で泊まるときは、婚姻証明書が要る。

 見えないときは、見られている。ここは24時間監視されている。防犯カメラもくまなく張りめぐらされている。

 日中関係は、政府間は真冬である。だからこそ「生まれながらにして中国に献上された」けんさんは、ここから逃げたくない。

 木枯らしの 中に佇み君を待つ 消えゆく灯り 数えつつ待つ

 春は必ず又くる。夜は必ず明ける。友は必ず来る。

http://www.ken-san.jp

 

パワハラ

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月31日(日)07時43分47秒
   目の前の一人に熱くなり過ぎて、大失敗をしてしまった。
 生徒の中に、日本で介護婦に成りたいという女の子がいた。ちょっと暗い感じだが、授業は熱心で私も知り合いの老人施設に紹介したいと、介護に必要な単語集を作ってやったりして、少し目を掛けていた。
 卒業も間近なある日、最後だから少し発音を直そうとある言葉を何回も同じことを要求した。何回目だったか、彼女が反抗的に急に口をつぐんでしまった。
 「何故言わない!」と私が怒る。彼女がなお頑なになる。
 私がバーンと机を叩いたときだった。
 彼女が「先生は何故私を殴る」と、居直るように大声を上げて泣き出した。
 これはまずいことになったと、私はすぐ授業を止めて校長に「悪いことをやってしまいました」とこの事態を報告して謝罪した。
 校長が、この子を含め生徒達から事情を聴取する。
 「心配ありませんから、授業を続けて下さい」ということで、授業が終わって校長室に行ったら、まだ彼女が居た。
 謝ったが、赦してくれない。
 そして、校長に向かって「校長先生は、この先生が日本人だから先生の言い分だけ聞いて、私の言うことを聞いてくれない。それが悲しい」と言う。
 校長先生が言う。「先生は一言も言い訳をしていません」と。
 そのとき知ったのだが、この子は他の先生ともトラブルを起こしている。同級生とも折合が悪い。そのことを指摘されてなおこじれていたのだ。

 この子に言わせると、そのとき私が恐ろしかったそうだ。死んだ家内がよく言っていた。
 「貴方はその顔を、私以外の人に絶対に見せていけない」というその顔をしていたのだ。
 私は、日ごろはニコニコしているが、むきになると鬼の形相になる。その落差が大きい。

 赦されないまま、卒業式を迎えた。今頃彼女は日本でどうしているだろう。


 

http://www.ken-san.jp

 

目の前の一人

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月30日(土)05時24分7秒
編集済
   日本人の中国人に対する嫌悪感が、80%を越えたとネット報道されていた。
 一般に好悪感は度数分布するから、この数字は異常である。
 しかし、一方において日本に旅行で来た中国人の多くの人が、日本人に好感をもって帰国しているのもよく聞く。どちらも事実のようだ。雰囲気だけで作られる数字は恐ろしい。

 私は13億の中国人に、一人一人に面と向かうことは不可能である。しかし目の前の一人の人を大事にしたい。それが子供であっても、市場のおばちゃんであっても、タクシーの運転手さんであっても、囲碁友達であっても、近所の人であっても、公的機関の人であっても、共産党の幹部の人であっても・・・。
 毎日触れ合う一人一人の中国人が、13億の中国人の中の一人であり、私はその一人一人にとって、日本人の全てだ。
 「日本人は嫌いだ。しかしあなたは別だ」
 「中国は嫌いだ。しかし中国人は好きだ」
 それでいいでないか。
 目の前の一人を大事にしたい。

http://www.ken-san.jp

 

果報は寝て待て

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月27日(水)19時11分5秒
   少し良い事がありました。
 東北大学の短期留学の許可が下りました。70才以上はビザの関係で一年の長期は無理ですが、三カ月一回短期留学の繰り返しならOKということです。
 日本語教師の方も、続けて一年出来ることになりました。
 但し日本語教師は、あくまでもボランティアです。中国政府の労働許可証は貰えません。
 しかし、正規の収入ではありませんが、礼金ということで気持ちは頂けます。何よりもここで暮らす生き甲斐です。若い人達と、真摯に付き合うのは楽しみです。
 すこし落ち込んでいたのですが、一度に良い事が重なりました。
 まだまだあります。
 深圳の碁友から、陰陽二対の凄く高級な落款を贈られることになりました。
 囲碁天地に、初めて記事が掲載されました。
 囲碁を教えている子供の親が、高級地酒を贈ってくれました。



 

http://www.ken-san.jp

 

いつでもどうぞ

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月27日(水)07時35分15秒
   にっちゃん へ
 このニーハオ広場の 投稿者けんさんの右横の封筒マークをクリックしたら私へメールが送れます。
 下のURLからホームページを開いて、そのトップからも送れます。
 電話番号をお知らせしますので、メールを頂けますか?
 私も楽しみにお待ちしています。彼と三人で食事でもご一緒しましょう。

http://www.ken-san.jp

 

伺いたいのですが

 投稿者:にっちゃん  投稿日:2016年 7月27日(水)06時13分43秒
  けんさん From にっちゃん
8月7日、帰国をお待ちしています。
8月8日、9日、10日、12日で けんさんが 松山のにおられて都合のいい日に1日、伺います。
○○大学の研究科で、中国研究していて、フェニックス仲間の彼と一緒です。
相談にのっていただきたいと、思っています。
昨日、彼と相談して、「タイミングがあって グー 伺って相談しよう」。
で、今日の書き込みになりました。
よろしくお願いいます。
 

中国で父の日

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月23日(土)00時08分18秒
編集済
   父の日は、中国でも祝う。今日こちらの「群」と呼ばれる、仲間内の老人会みたいな催しにお招きを受けた。
 「貴方の生き方は、私達の模範です。父親代表として挨拶して下さい」と、お尻がこそばくなるようなことを言われたが、これも最高年齢者への気配りかと、厚かましく引き受けた。
 昔、私の父がよく言っていた「天は二物を奪わず」という言葉を引き合いに出して、「若さの体力は失ったが、耐える心は強くなった」と少し格好良いことを言わせて貰った。
 異国で異国の人と仲良く暮らすということは、耐えることである。いや、耐えなくてすむように、摩擦を少なく生きることである。
 ここで私が接する多くの中国人は、あまり日本人を知らない。特に子供達は、私しか知らない。夢を持ってこれから日本に行くため日本語を勉強している子供達に、行く前から夢を奪うわけにはいかないではないか。
 よって私は、一挙一投足彼等の目を意識して、思い切り偽善者として生きている。
 善人なおもて往生をとぐ。況や悪人においておや。(歎異抄)。私は、善人にも悪人にもなれない偽善者だが、南無阿弥陀仏。

http://www.ken-san.jp

 

失意の人

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月22日(金)10時24分39秒
編集済
   順調だった中国生活に、初めて陰りが生じました。
 東北大学に、語学留学をしたいと関係方面にお願いしていたのですが、昨日正式に断られました。
 年齢制限です。70才以上は駄目ということ。これは何処の大学も駄目でしょう。
 ただ、語学学習そのものはOK。
 しかし、留学生としてのビザを申請するための入学許可証が出せないというのです。
 無理もありません。

 今は、Mビザ1年マルチ(貿易ビザ期限1年、但し最高三カ月に一度中国を離れないといけない)で入国しています。
 このビザは、ここの囲碁学校の取引先として招聘書を貰っています。
 私は囲碁器具販売の碁盤貿易商です。まんざら嘘ではありませんが、方便に近い。
 一応「愛陵商事」という名で、屋号登録はしています。日本の碁盤商、中国の碁盤商と付き合いもあります。商品も仕入れています。しかし税金を納めるほどの販売実績はありません。

 さてどうしたものか。Mビザで留学するか。一度こちらを引き払って日本に帰るか。
 自転車の世界一周は、遠い夢になってかすみました。
 これくらいで「失意」と言ったら贅沢かもしれませんね。
 81才ですから当然かもしれない。
 当分尺八も吹けない。自転車も乗れない。(インプラント施術を受けたばかり)
 その分、今「物」を書いています。
 阿K放浪記もその一つ。
 書くことは好きで苦にならないのですが、それが出来るのも今の内かもしれない。
 ただ私はプロでないから、乗らないと書けない。
 気分が乗るという意味だけでなく、自転車に乗らないと書けない。
 足を動かしていると、不思議に気分も湿ります。独り言がそのまま詩になる。文章になる。
 鼻歌が曲になる。
 自転車の上では、それらの記録は出来ませんが、心にそのまま刻み込まれて忘れない。
 もし忘れても「それだけの物だったのだ」と諦めて次の湿りを待ちます。

 今失意の人は、動物園の熊のように只部屋の中をうろうろしています。
 心の湿りを待って。




  

http://www.ken-san.jp

 

嫌われ者のけんさん

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月21日(木)18時16分35秒
編集済
   少し料金は嵩張るが、日本のネットゴキブリの巣も覗けるようになったので、久し振りで書き込みをしたら、またアクセス禁止になりました。
 私は彼等の好むコピペが、私の美的感覚に合いません。
 だから、これまでの人生経験を普遍的に語らせて貰っている。
 彼等のように、ネットから拾ってきたゴミを無批判に受け入れることは出来ないのです。
 如何わしいソースの蓋然性の乏しさを合理的に指摘すればするほど嫌われる。

 その最たるものものが、雪山の芸術品でした。
 あれは北京オリンピック前ですから何年も前の話。
 「中印国境のヒマラヤのハンナラ峠で、インドに向かっていたチベット族の一人が、中国の国境警備兵に射殺された。それが_偶然_外国人のビデオに収まりそれがネットで流され大混乱に陥っている。」
 以上のような内容の記事が、産経新聞で報道された。
 ハンナラ峠でチベット族の一人が、中国の国境警備隊に不法出国として射殺された。そこまでは事実ですが、_偶然_以下が曲者。
 ゴキブリ共はこのコピペ映像を証拠として出しきた。そしてこれはあくまでも偶然だ。必然ならそれこそ犯罪だと彼等が主張するところから議論が始まった。挙句私の反証に反論出来ず、「必然で何故悪い」と居直って自爆した。
 私が憎いのは、マスコミの「小さな事実で、大きな虚偽を演出する」ことです。
 それを憎んで嫌われるのなら本望。


 

http://www.ken-san.jp

 

人殺し予算

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月21日(木)17時41分21秒
編集済
   共産党の政策関係の責任者が、テレビ番組の中で防衛予算を「人殺し予算」と言って物議を醸しているようです。
 これと天皇ペット説と合わせて思い起こすのが、以下のイソップ物語です。
 馬が自分も可愛がって欲しいと、主人の膝にじゃれるペットの犬の真似をしたら、主人にお仕置きを受けたという話。
 かつて天皇陛下万歳と叫んで死ぬことを一義に教えられた天皇は、今や国民のアイドル。
 「友を諌めに泣かせても、なお行くべきか絞首台」とこの戦争に命がけで反対した、日本共産党は、ペットほど可愛がられない。
 防衛費の対象になる軍備も兵器も「人を殺す」物です。
 日本の自衛隊が、これまで一人も殺していないというなら、それこそ憲法九条の功績です。
 馬は例え嫌われても、国民の為に働いて欲しい。

http://www.ken-san.jp

 

象徴天皇

 投稿者:けんさんメール  投稿日:2016年 7月21日(木)17時23分29秒
編集済
   安倍さんの憲法改正に対する執念は感じますが、政治家としての理念が見えない。
 まさか私的な怨念とは思いたくないが、それしか見えない。
 占領下で作られた憲法というのは全く論外。問題は中身です。
 関連して
 天皇の存命中の退位が話題になっているようです。
 そもそも天皇制が要るのか。それを論ずる基盤が無い。
 占領下に作られた憲法というのなら、一条は当然含まれる。
 安倍さんが皇室範典に触れたくないのは、憲法一条の議論が避けて通れないからです。
 私は今の天皇制は機能していると思っています。
 天皇は日本国民のペットです。アイドルです。大日本憲法なら不敬罪ですが、象徴天皇のおかげで不敬罪はない。

http://www.ken-san.jp

 

/58