投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


不安について

 投稿者:不思議な話ですね  投稿日:2017年12月 3日(日)07時24分27秒
  他人が不安を訴えている時、管理人さんは相手に、大丈夫だよ、と、声をかけてあげる事はないのでしょうか。
子供が何かを怖がっている時、管理人さんは子供に、怖くないよ、と、声をかけてあげる事はないのでしょうか。
もしも声をかけてあげる事があるのであれば、なぜ自分は自分の不安に対しては声をかけてあげてはいけないのでしょうね。
他人を安心させようとする事は許されて、自分を安心させようとする事は許されないなんて、公平な対応とは思えない。
 

パニック障害について映画館での発作から恥ずかしなが

 投稿者:管理人  投稿日:2017年12月 2日(土)05時34分53秒
  パニック障害について映画館での発作から恥ずかしなが15年程通院しています。
電車、飛行機、自宅、最近ちょっと辛い事があり、動悸、息切れ、倦怠感、過眠症、両足のむくみ、運動後の疲労感が酷いです。

起きると鉛のように重く、息切れ、動悸が怖いのでまた寝てしまうといった日々です。
数年前に睡眠科、最近、呼吸器科、循環器内科、内分泌科を受診しました。全て異常がありませんでした。
頭がぼーっとする、倦怠感、両足のむくみ、過眠、動悸、息切れのパニック発作が本当に嫌です。
飲んでる薬はソラナックス0.4mg×3、ワイパックス1mg×3、漢方の柴胡加竜骨牡蛎湯×2、防風通聖散×3
YouTubeをたまたま見て、実はベンゾジアゼピン系の抗不安薬は麻薬より離脱症状がきついだの脳が縮小するだの動画が何本もありました。
色々調べてくうちに不安になり、実は長期服用による薬の影響であったり、副作用では?と思い医者に内緒で断薬しました。
すると、頭がぼーっとしたり、不安になってきてパニック発作、結局夕方にソラナックス1錠飲んでしまいました。
パキシルとサインバルタの離脱症状に苦しめられSSRI、SNRIは飲みたくないってのもあります。これ以上薬を飲みたくないです。
認知行動療法にも通いましたが、効果が感じられず薬に頼っていた自分がいます。
今回は、薬を止めたことによる予期不安からの発作と考えました。
頭がぼーっとするのは薬を抜いた事による離脱症状?だと思いました。
断薬してからはワイパックスは飲んでいません。
勝手に断薬するのは危険だと思いますか?パニック障害を克服した方や薬に詳しい方お願いします。



>>>管理人


パニック障害は予期不安の最たるものと思います。人間の心は小さな不安でもそのままにしてそっと味わうなら『心に残る事なく、心から流れ去っています。』

大きな不安にしても同じです、不安が大きくなって、例え恐怖に近い感覚になったとしても、そのままにしてそっと味わうなら『心に残る事なく、心から流れ去っています。』

こういった心構えが、出来ていて、何気なく不安とか恐怖とかにも対処が出来る人を健常者と呼ぶ事が出来ると思います。健常者と予期不安を抱えて、小さな不安でさえもパニックにまで大きくしてしまう人の違いを書いてみたいと思いますので参考にして下さい。

人間の心は誰の心も同じように反応するように出来ています、しかしながら片方は健常者としての働き方をして、片方は予期不安となったりパニックとなったり、或は恐怖症にまで発展する事があります。

この違いは理屈的に書くなら簡単な理屈が働いています、しかしながらこの理屈が分かったとしても、予期不安とかパニック障害が治る事は難しいと思いますが、分らないよりは良いと思い書いています。

こう云った人間にとっての苦しみから逃れるためには、もっと人間通になる事が肝要だと思います、そうして人間という者が理解出来る時同時にパニック障害からも離脱できると思います。

その為には学ぶ事が必要です、パニック障害とか神経症などをです。パニック障害が起きる原因は人間の心の構造に在ります。

神経症もパニック障害も発症の仕組みは全く同じです、或は神経症の各種症状とか、或は自律神経失調症とかの各種症状も『外見的な違いはありますが、発症の仕組みは全く同じです。』

従って発症する動機は同じですので、治るきっかけもすべて共通しています。それは『予期不安が発症の原因を作っていますので、予期不安が解消する時に完治する事を意味します。』

今の精神科医という人達でさえも、人間の心が何故苦しくなるのかと言った基本的な事を学校などで学ぶ事が無いように見受けられます、その理由は同じ医師たちの中で一番自殺率が高い事が証明しているようです。

従って、人間はなぜ苦しむように出来ていて、どうやったらその苦しみから解放されるのか、と言った基本がなおざりにされてしまって薬による対症療法が優先されている現状が、今の精神医療界でのネックになっているように見受けられます。

貴方の苦しみが解消するには、人間がどうして予期不安になって苦しまなければいけないのか?という事を学ぶ事です。なぜならば精神科医に頼ったところで貴方の苦しみを救う方法は貴方が学ぶ以外に存在していないからです。

字数制限が有ったり、当方にとっても時間の制限がありますので、かいつまんで書いてみます。

パニック障害から解放されるための方法の一つは、パニック障害である事を否定しない事です、或はパニック障害である事を認めてしまって、パニック障害を治そうとしない事です。パニック障害から逃げ出す事を止めた時『同時に予期不安から解放されています。』

つまりパニック障害を治そうとしないで、パニック障害の症状よもっと来い!と貴方が胸を張って言える時貴方のパニック障害、或は予期不安は解消しています。

貴方が不安になった時、不安から逃げない態度が出来た時予期不安は消えています。

貴方が不安(大小を問わず)から逃げ出そうとする時その逃げようとする度合いに応じてそのパニック(不安)の大きさが変化しています。

貴方が、どんなに小さな不安でも逃げ切ってしまおうとした場合ではとてつもなく大きな不安にさいなまれている事を意味しています。


逆に言うなら、どんなに大きな不安であったとしても『貴方が、受けて立つ決心をするなら、予期不安はやって来る事はありません。』

貴方が逃げようとしている態度が『パニック障害の症状を呼び寄せているだけ』といった現象になっています。

不安から逃げようとした時にだけ、小さな不安でさえも『大きな不安=恐怖心』に変化しています、それは誰にとっても同じです。全ての人に共通事項になっています。
 

投稿者:i 様へ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月30日(木)05時37分10秒
  満足出来ない人生に不満があるという事が言いたいのでしょうか?或は『 生きていて、何をする気もおきません。 』できれば一日中ずっと寝ていたいし、働きたくないのです。かといってお金もなく、気晴らしに旅行へも行けません。

という事を貴方は書いています。

実は何を隠そう、私も同じように思う時がありますが、現実問題としてはそれもできそうもありません。

人生から逃げ出したい気分です。
どうすれば解決するでしょうかと思うのはなにも貴方だけの問題ではないと思います。

人生から逃げ出したい気分です。
どうすれば解決するでしょうか
 

無気力、破壊衝動

 投稿者:i  投稿日:2017年11月28日(火)14時37分40秒
  生きていて、何をする気もおきません。
できれば一日中ずっと寝ていたいし、働きたくないのです。かといってお金もなく、気晴らしに旅行へも行けません。
世間体のために毎日イヤイヤ仕事をしています。

また、仕事中や通勤中にイライラから破壊衝動が湧く時があります。(何か壊したくなる、大声をあげたくなる)

人生から逃げ出したい気分です。
どうすれば解決するでしょうか

 

釣りバカ三平様へ -2

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月26日(日)07時11分34秒
  神経症を含めたいわゆる精神疾患と言われているものの解決には『症状の受容』が大事だと考えています。いわゆる寛解とか寛治とか完治とかが余り見られないという現実には、この『症状の受容』が含まれていないからだと思います。


精神疾患の完治は存在していますがそれは、今の医学が望む方向とは正反対の方向です。『症状の除去或は追放は存在しません。』

精神疾患の症状と思っている事柄は『受け入れた瞬間には、症状としては成立しなくなっています。』これが症状の消滅です。

症状の受容が成立した瞬間から症状はなくなって、『意識には上がって来なくなっています。』


今の医学の方向性にいつも疑問を抱くゆえんが此処に在ります。
 

釣りバカ三平様へ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月26日(日)06時48分6秒
  『うつ病も神経症と同じ本人のものの考え方がカラクリであれば、だいぶ患者(医者に通う人)も減らせると思うのですが…鈴木知凖先生が、神経症とうつの患者を別けていらしたと思うからです。』

との事ですが、私はそういった方面での専門家ではない事から、自由にモノが言える立場だと思います、そういった自分の見方を書いてみたいと思います。

全ての(精神的な)疾患と言われるものの原因は『受容出来ないと思っている事柄が』病名に当たると思っています。狭い範囲で説明するなら「神経症の病名」で説明もできると思います。

強迫障害と、吃音や、書痙等の症状には何の関係性もありませんが、発症の動機は同一です。従って治るきっかけも同一です。それは症状の受容のみです。

同じ事が、鬱であっても感情障害であっても、酷い妄想状態の中での幻覚等があげられると思います。

ヴィクトール .エミール.フランクル博士の著書の中の一節に『酷い幻聴に悩まされる事がありますが、一人でいる孤独な時間よりも賑やかの方が良いと思う様になって、改善されました。』と言っている統合失調症の老婦人の言葉を紹介しています。

幻聴が悪いものだと嫌っていた老婦人が、幻聴を受け容れた時から幻聴に悩まされる事が無くなって、幻聴と戯れながら正常な生活を営むようになったという結果をを報告していたことをある本で読んだことがあります。

その本の名前は忘れましたが、多分、彼の著書です。沢山の本を書いています。『神経症Ⅰ、神経症Ⅱ、又は時代精神の病理学、精神医学的人間像、識られざる神、又は死と愛、夜と霧』の中の一冊です。

読み返してどの本の何ページという風に報告をしたいと試みましたが、いかんせん時間切れです。相も変わらずに、時間がないような暮らしに終止をしています。

11月は一日も休まない皆勤になっています、おまけに毎日が13時間以上働いています。ちなみに昨日は10時半に帰って、12時半まで飲んで、今日は4時半には起きています。

今は、月末の請求書書きの真っ最中です。

 

管理人様の書籍等ございましたらよろしくお願いします。

 投稿者:釣りバカ三平  投稿日:2017年11月25日(土)05時52分10秒
  お世話になります。
自分自身も随分年齢を重ねてきました。しかし、未だ視野が狭く人生も広がりがありません。
最近は、何かの反動か、夜食事を採っても又、何かを食べる過食になっています。
神経症は、見性しないとダメみたいですが、なかなか見性しません。又、うつ病についてですが、殆どの人が抗鬱剤を服用しているのだと思いますが、管理人様がおっしゃる様に、うつ病も神経症と同じ本人のものの考え方がカラクリであれば、だいぶ患者(医者に通う人)も減らせると思うのですが…鈴木知凖先生が、神経症とうつの患者を別けていらしたと思うからです。管理人様は、実際にその方法で、うつ病を乗り越えられた方がいらっしゃるのでしょうか?お伺い致します。又、管理人様のそのいつもおっしゃっておられる事を書籍等で目にする事はできませんでしょうか?(うつ病の患者を減らせると思って)重ねてお伺い申し上げます。乱筆乱文お許しください。
 

?山本さんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年11月23日(木)06時03分25秒
  禅寺で修行とは、脳の問題を仏教で解決すると言う意味で、それは起きない。神経症は病気であって
健康な人の悩みではない。盲腸炎が仏教をいくら信じても治らないのと一緒です。?

では、どうするか。貴方の意識が猛烈に空回りしていて、解決模索欲求が止まらない。
空回りする意識はさらに模索を要求し、人生は無駄の山を築き上げる。
この空転を停止させるには是非動きが必要です。健康な人でじっと止まって考えている人は
いない。無意識が活発に動いているからです。

神経症者では動いている人は殆どいない。無意識が活動を停止しているからです。
無意識の再活性化をさせずして、不安の克服はあり得ない。
動き方が分からない時は貴方の周りの健康な人の動きを見ればよい。
あれが健康な動きなのです。
 

山本様へ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月22日(水)21時02分37秒
  結局、自分自身にケリをつけるには禅寺で坐るしか無いのでしょうか。
何か他に、具体的な方法は無いのでしょうか。


という事ですが、本人の気付きという事ですので、第三者が割って入ってどうにかできる問題ではないと思います。本人の学んだ事柄が本人の頭とか身体に染み込んで来て、只納得出来るのか否かだと思います。

私の忠告としては、言葉のない世界で遊ぶことが大事な事だと思います。恐怖や不安を感じた時『言葉のない世界で体験する生活』と言った趣です。

森田療法にも通じていますが、不安や恐怖心を、言葉にしないで只感じている生活です。おまけに言葉では何も表現しない世界です。

是を徹底させる時森田での「不問」が成立すると思います。禅では『言い得ても、、、言い得なくとも、、、」として同じ扱い方をしているようです。

言葉のない世界で遊ぶことが推奨されています。
 

自分自身にケリをつけるには

 投稿者:山本  投稿日:2017年11月14日(火)16時24分27秒
  こんにちは。いくつかの掲示板で貴方の投稿を拝見させて頂きました。
私にとって禅と脳科学の関係性は非常に興味深いものです。
また、これまでその他多くの書籍や記事を読んで自我について学んできました。

そして、自我は幻想であることを理屈では理解できたのですが不安や恐れを感じる事が無くなりません。
結局、自分自身にケリをつけるには禅寺で坐るしか無いのでしょうか。
何か他に、具体的な方法は無いのでしょうか。
 

/1626