新着順:9/16375 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

うつ病の人は「自分を見失っている」

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月22日(日)13時01分3秒
  通報
  うつ病の人は「自分を見失っている」とも言えますか?


>>>管理人


言い方によっては、そのように言う事も出来ると思います。うつ病と言ってもその症状の違いとか、その症状の重さとかは各々の人によって違っていると思いますが、うつ病そのものが「自分を見失っている結果」という事も出来るかも知れません。

うつ病になった人の身体とか脳に於いての機能検査をした場合では『殆どの場合で異常なしと判断されているようです。』異常があるならその異常によって病名は確定するからです。

身体も脳も異常なしという意味は、心も身体も健康という意味になるかも知れません。只言える事はノイローゼになっている可能性があると思います。

ノイローゼは『心も身体も健康』な場合に頭の中に『異常でも無いにも関わらず症状を作り出して、自分で作り出した症状が恰も現在存在しているかの如くに感じて、その症状に敏感に反応している現象。』と言えると思います。

現実の目の前の世界は誰の目の前にも厳然として真実の世界として存在しています。この世界を肯定する事が出来るなら『自分を見失っていない』と表現出来ると思います。何故なら目の前の現実の世界が真実の世界として展開していて、それが肯定出来ているからです。

処が同じ目の前の現実の世界の中に居ながら、『頭の中に仮の世界を作り出して、その世界を現実と勘違いしてしまう場合があります。』

現実の世界では医師の元に行って身体も脳も異常なしと言った検査結果を貰っていますが、『頭の中に作られた仮の世界では、自分が異常あり』として予期不安としての不安とか症状とかに怯えている状況になっているからです。

おもな症状とは『予期不安としての症状』が意識に上がって苦しむ事が症状と思います。

その訴えている内容が主な症状という事になると思います。ところが現実に、検査結果から言うならば、そう言った事実は存在していません。現実には無い症状を、頭の中に作り出して感じている状態をノイローゼと表現しています。

神経症の症状もうつの症状も、共に予期不安の一種の形を不安として『頭の中に作

り出して、現実に対応している事』を意味していますので、こう言った意味から

言うならば、現実に適応出来て居ないという意味から言って 、『自分を見失って

いる』と云う表現も可能と思います。
 
》記事一覧表示

新着順:9/16375 《前のページ | 次のページ》
/16375