新着順:10/16346 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

再掲―醜形恐怖症の治療 克服法をお しえてください。

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 2月14日(水)20時02分0秒
  通報
  再掲です


質問日時:2013/10/24 14:23


醜形恐怖症の治療 克服法をお しえてください。

26歳女性です。 精神科には通っていませんが、恐らく醜形恐怖だろう と最近になって、 気づきました。

とにかく顔が気になります。 23歳頃から歳を、とることがすごく怖くなり、若さを 失ったら どうなるんだろうと不安になるようになりました。 けけど、よくよく思い返してみればもっと昔からコン プレックスが強かったように思います。

小学生のころはブスでした。 男の子からブスとか言われていたし、自分はどうやら 可愛くないんだなぁ とはわかっていたように思います。

中学2年に、なってアイプチに出会います。 アイプチをするようになってから、少し自信がもてる ようになりました。 アイプチは絶対手放せないアイテムになっていきまし た。

高1になり、少しお化粧するようになりました。少し やせたのもあったのか、 今までもてなかったのが急に異性からもてるようにな りました。 けど、アイプチをとったらほんとに一重ですっぴんが ブスすぎて、 許せなくて、アイプチの話題も怖かったし、アイプ チってばれる のも、イヤで、周りの二重の子が羨ましかったし、ア イプチと化粧で可愛くなれたものの 素顔の自分へのコンプレックスが激しい日々を送って ました。

高2で埋没の二重手術こっそりしましたが、すぐもと に戻っちゃいました。

大学に入ってもっと異性からもてるようになりまし た。自分の化粧した顔は めっちゃ、可愛いんだ!って思いこんで外にいくとき は自信あったと思います。

アルバイトで少しキャバ嬢をしました。 すぐ、No.2までいって、余計自信を持つようになりま した。 この間もすっぴんのときのコンプレックスはひどかっ たですが。。

彼氏の前では化粧は落としたことはなかったです。お 風呂からあがった あとも、アイプチだけは必ずしてました。彼氏はなに も思ってなかったように思います。

大学卒業後、就職先で夜勤もあるし、アイプチばかり 気にしてられない とおもい、2回目の埋没の手術を受けました。

うまく理想の二重になり、それと同時に一重の、コン プレックス、アイプチが、とれたら とかすっぴんになることへの恐怖はとたんに消えまし た。

それから3年ほど、社会人をして、彼氏も普通にいま したし、 一重以外のコンプレックスも(もともとあった)あり ますが、いろいろ 楽しんで生活できていたように思います。

けど、23、24歳と歳を重ねたときに20代後半になっ たら どうなるんだろうと焦るようになりました。 自分の中でも25歳までは若さを堪能しようと思ってい ましたが、 実際25歳越えてから急に劣化が始まり、何をしてもど んなに着飾っても、 今までみたいに納得がいかなくなって、気持ちが塞ぐ ことが増え始めました。

そのときの彼氏にも正直に不安を相談してましたが、 大丈夫だよ、歳はとるけども○○(私)何歳になって もみんなから愛される 人で、いられると思うよ。 といってくれていました。

実際、幸せなことに、他人から可愛がってもらえるこ とが多く、 けど、自分の、中では、若さと外見から私はよくして もらえてると認識 していたんだと、思います。

けど、若いといいきれない歳になって、劣化が始まっ て、 耐えられない欝で、一日鏡をいろんな方向からみて確 認してで一日が 終わって、しまうこともよくあり、顔が決まらなかっ たら 外出ドタキャンしたり、仕事も休むときもあります。

この一年整形をずっと繰り返しています。 借金100万くらいです。 整形して少し気になってたところがマシになると気持 ちも 落ちついて見た目の若さが手にはいると元気になりま す。

初めて会う人には年齢は嘘つきます。

26歳っていったら可愛がってもらえないって思うし怖 いし、 見た目が若くても実際年とってると意味がないという か。。。

これはあくまで私だけの偏った考え方というのは理解 してます。

年を、重ねても魅力的な女性はたくさんいることもわ かってます。

自分も、考え方をシフトチェンジしていかないとほん とに人として 空っぽでしかないこともわかってます。

けど、見た目と年齢に異常に左右されている現状で す。

今の彼氏は整形のことは知っています。 する必要ないと言ってくれますが、そうすることで元 気に なれるなら。。とあきらめているというような感じだ と思います。

借金も、後に自分が返していけるくらいの額なら。。 という 考えだと思います。

すみません、なるべく自分の情報を伝えた上でのほう が、回答をくださる方もより 具体的に回答いただけるのではないかと思ってつらつ ら長文、乱文、してしまいました。

申し訳ありません。

症状としては、

家にいるときは鏡でいろんな方向から時間が許す限り 確認。

人と会ったあと、あう前は必ず顔を鏡で確認。

ありとあらゆる写るもので自分をチェック。

チェックできないと不安。

鏡が出せないときは、ご飯どきなら、スプーンとか 用を、足すわけではないけどトイレにいったり

人から容姿を、ほめられて自分も、そう思えたときは 躁状態で、自信が、わく。

逆の時は、整形の、ことばかり調べたり、死ぬことば かり考える 価値を見いだせない。

対面で人と、話すのが苦手。 表情が強ばる。 昔は手で顔を、かくしていた。 今はなるべく対面ではなく隣に座るようにしてます。

最近では、今まで楽しかったことが楽しめない。 けどそれも、自分外見が理想通りのときは楽しめた り、 元気。

精神保険福祉士の勉強を大学でしていたので、 自分は軽い欝状態だなぁと思っていたのですが、 最近になって醜形恐怖症というものを知りあまりに時 分にあてはまった ので、この、病気さえ直せば整形しなくてももった人 生を楽しむことが できるのではとおもい、質問に至りました。

自分でも本を買ったり、病院で相談も考えましたが、 以前に似たような相談を精神科でしましたが、その、 ドクターは あまり見てもらった意味がなく精神科を標榜していて も 向き不向きとかがあるのかと、おもい、

病院であれば、どこの、病院のなんというドクターが お勧めかなど教えてほしい です。

ネットででてくるものは少しずつめを通すようにして います。

身勝手に文章をかき、本当にすみません。

アドバイスをいただけないでしょうか。

ちなみに東京にすんでいます。

どうぞ宜しくお願い致します。


>>>管理人

醜形恐怖症は神経症に分類されるものですので、神経症そのものを学ぶ中に、解決方法があると思えます。

神経症には様様な症状の訴えが在りますが、原因は一つだけですので、その原因を書いて置きますので、ご自分で学んで克服をして下さい。

又神経症の場合では『医師の元に行って、薬の治療に頼ったとしても改善されない場合が殆どですので、その理由を先に書いてみます。』

神経症の原因は、自分の心が『現実を認めたくない』と作用しています。『今の自分自身』を受入れられない事が原因です。その受入れられない事が『意識に上がってしまう症状』と言う事になります。

『永遠に美しくありたい』と言う貴方の願いが、叶わない事が貴方の悩みと思います。つまり『老いさらばえてゆく事』を受入れられない事が貴方の本当の悩みとなっています。

改善の方法は『症状の改善の中には存在していません。』神経症の治りとは『症状を受入れる事』が全てだからです。従って『症状の改善』から神経症の改善を図る事は、返って症状を重くしてしまいます。

神経症とは『症状の改善や症状の除去』を願う心が『その症状の起きる原因となっています。』そうして発症した症状を治そうと『努力する事自体』で、硬く心に固着されます。

従って症状の改善からの改善方法は、返って症状に苦しむ原因を作る事になります。

神経症そのものを学ぶ事、或いは人間の苦しむ原因を学ぶ事が、神経症の本当の意味での改善に繋がります。

簡単に言うなら『神経症の症状』は誰の心の中にでもある『只の嫌な感じ』でしかありません、その嫌な感じを嫌ってしまって、心から追い出そうとする事から『症状として作用し始めています。』

一端症状として、自分の心が認識をしてしまう事から、こう言った嫌な感じにならないように力を尽くすようになります、この力の入り方が『症状の発症する原因と、固定する原因』になっています。

神経症の治りを説明して、そういう風になるための努力をする方向性を示して置きますので、参考にして下さい。

神経症の治りとは『症状が在っても気にならなくなる事』です。その症状に『意識が向かなくなる事』です。意識が向かなくなった時点で、その症状らしきものが『自分で作り出した幻』であった事に気が付く場合です。

神経症が治った場合でも、依然として症状は、心の中を探すなら存在しています、ですがその症状を『相手にしない人間性が培われていますので、問題にしなくなっています。』

症状らしきものは『誰にでもある事』を了解した時が、症状が在りながら症状ではないものに変化しています。是が神経症の治りです。

神経症が治る背景を書いてみます。神経症が治る事は『症状などを構っていられなくなる場合です。』つまり『自分が症状の相手をしなくなる場合です。』価値観の変化や世の中の認識の変化です。

他の症状で説明します、例えば上がり症で説明するなら、人前で上がる事によって『上がる自分が意識に上がって困る症状』になっています。

頭の中が『上がらないように工夫する事でいっぱいになっています。』何をするにしても行動する内容や話をする内容や、話をする態度等『全てそっちのけにして』上がらない工夫だけをする様になっています。

自分の心の使い方が『上がらない工夫をする事が全て』になっていますので頭の中は真っ白になっていますので、歩く事も話す事も話す態度も全てちぐはぐになっています。こう言ったちぐはぐな自分を『自分が見て』尚更頭の中は『上がらない様に工夫をしています。』

こう言った上がらない工夫一辺倒になる事を『上がり症』の症状と言います。

上がり症が治った場合では、話をする内容や歩く事や話をする自分の態度に『自分の心』を使う事が出来ています。気の使い方や心の使い方に変化が生じています、つまり『上がる事さえ忘れている』と言う意味になります。

早い話が、上がる事を受入れたために、上がっても上がらなくても『上がる事には関心がなくなっていて』話の内容や歩く自分の姿や話をする自分の態度に『自分の心の重心が移った事を意味します。』

貴方の場合なら『年齢を重ねて肌も記憶も』年々衰えてゆく事を受入れてしまって、その年齢の能力に応じた最善の努力を惜しまなくなる事を意味します。

神経症の場合では『意識に上がった事』を気にする余り、今現在の自分のやるべき事をないがしろにするため、意識に上がった事=『頭の中の世界』だけを相手にするようになる事を意味します。

改善方法は『意識に挙がった事』=『雑念』の処理の仕方を学ぶ事が大事です。

沸き上がる雑念は、一過性の性質があります。その一過性の雑念を大事にして『雑念の相手になって、一生懸命その雑念を構っている事』を意味します。

神経症の改善は『雑念』の処理の仕方を学ぶ中にあります。今の貴方は沸き上がる只の『雑念』に右往左往していると言う意味になるからです。

いかなる困難に出会ったとしても、その時々に応じた最善の方法に思いが行き渡るようになる事が『今の貴方の課題です。』

その時々に応じて『何が大事なのか?』は変化しています。今の貴方はその時々に変化する大事なものを見落として、頭に沸き上がる雑念の相手をしている事を意味します。

日々の努力をする方向性を示して置きますので参考にして下さい。

沸き上がる心地よい感情や考えを喜び過ぎないようにして、沸き上がる嫌な感情や考えに落込み過ぎないようにする事が大事です。

嫌な事を嫌って過剰を反応する貴方の心と、良い事を望んで良い事に過剰反応する貴方の考え方や感じ方が、貴方の症状の原因を作っています。良い事も悪い事も全て貴方の人生そのものと『達観出来た時』貴方は神経症から遠ざかっています。



good
18




この回答へのお礼


ご丁寧なご回答ありがとうございます。


今の自分の状態や今後のあり方が具体的に書いてあり

大変わかりやすかったです。

まず、受け入れることなんですね。

なぜ、自分だけは。。と老いていくことをこんなに認めたくないのでしょ

う。例外なくみんな平等なのに。

老化することを認めていない自分を心のどこかで認めていなかったんだろうなぁと思いました。

そのあともわかりやすかったです。

私は、構い過ぎてしまってるんですね。

本当にその通りです。そのときにしなければならないことをほったらかし、雑念と2人きりで、戯れていました笑

大事なことはたくさん落としてしまったと思います。


私は病院には行きません。

たぶん、おっしゃられるように意識の問題?だと納得したからです。

エステとか美容はこれこらも多分、続けると思いますが、

たぶん少しずつ今よりは幸せになれるような気がしてきました。

雑念にこだわりすぎて、大切なものをたくさん、落としすぎて後悔

したくないです。

年齢詐称もいきなりは本当の歳いいたくないですが、



前みたいに絶対バレちゃいけない、20歳、20歳(無理ありすぎた)と必死になることは少しなくなるんじゃないかなぁと思います。

目をいつでもキラキラさせていたいと思っていましたが、こんな病んでたら到底無理でした。

この自分のつらさの構造が、わかっただけでだいぶ心が楽になりました。


お医者さんですか???


本当にありがとうございました。
 
》記事一覧表示

新着順:10/16346 《前のページ | 次のページ》
/16346