新着順:38/16218 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

無為療法批判 8.5

 投稿者:とらわれからの解脱 愛読者  投稿日:2017年 8月 5日(土)23時46分7秒
  通報
  無為療法批判 8.5

♪やぁやぁやぁ。また入院体験者の書き込みで~す。またまた無為療法ホームページで元気をなくしてる神経症の人を励ましたいから書いたよ~。無為療法ファンはスルーしてね~。そうでない人は無為療法ホームページで間違ったトンデモ解説で自信なくさないでね~。♪神経症さんガンバ♪またまたよろしくね~♪♪


>[あるがままの幻想](無為療法ホームページから)

>私は、もう18年間も、あるがままは間違っているとホームページでキャンペーンしていますが、それを実際に神経症者に説明しようとすると、適当な言葉が浮かばない時がある。しかし、先日、他人の掲示板に行って色々な書き込みを読んでいる内に、新しいページを書きたくなった。

先生はあるがまま=無為だといってたよ。あるがままは間違っているということは無為(療法)は間違っているということよ。(笑)よく言われるけどさ上っ面の言い換えしただけで森田療法のパクリじゃんよ。一体何のための森田批判なの?神経症さんのためを思ってか?無為療法さんのジコマンか?どうやら、無為療法さんのジコマンね。自己満欲求自己肯定感欲求構ってもらいたい欲求よね。無為療法さんは反省タイムね。


>その掲示板では、ある人が、あるがままは”幻想”であると喝破していた。実に上手い表現である。

そんなのあたりまえでしょ。無為も”幻想”であるということよね。


>あるがままとは健康な状態であり、健康な人の普段の様子であるが、別に彼等は自分があるがままであるべきとか、思っている分けではない。何故なら、意識する必要がないからであり、意識するのは余計なことであり、それをすると、あるがままが崩壊するのを無意識に知っているからであろう。だから、健康な人に「貴方は今あるがままですか」と質問したら、質問された人は答えに窮するに違いない。

だから、健康な人に「貴方は今ケンコウセカイにいますか」と質問しないし、無為療法さんみたいに、ケンコウセカイ、ケンコウセカイ言わないもん。(笑)要はさ心をほったらかしにしない神経症さんにあるがままと説明したんでしょ心をほったらかしにしましょうよってそれで神経症さんがあっそうかと気づいてさ心をほったらかしで行きゃいいんだって気づけていければそれで良いじゃん。何をいちゃもんつけてんのよ。神経症さんのことを考えてないで無為療法さんは自分が正しいばっかりじゃん何のためのホームページだよ。


>例えば、学校で、授業中に立ち上がって先生に質問したとする。所が立ち上がった瞬間に、質問する内容を忘れてしまったらどうであろう。バツが悪くて、冷や汗が出る経験である。そのバツの悪い瞬間が、あるがままであるには違いないが、本人はそんなことはどうでも良いのであって、早く取り繕って窮地を脱出しようとするだけだ。
>所がその時、あるがままであるかどうかを確認したとする。すると、自然の意識の流れに乱れが生じるから、情報処理に結滞が生じて、意識の分裂に移行する。これは大変不健康な意識操作であり、絶対やってはいけないのである。

やってはいけないのであるって(笑)やってんのは無為療法さんだよ何言ってんのよ(笑)
じゃさ神経症さんがやったとしてどうなのよ情報処理に結滞が生じながらさ質問する内容を忘れましたといって座りゃいいじゃん何ゴチャゴチャ言ってんのよ(笑)


>もっと危険な例を出せば、自動車の運転中にあるがままの確認をやると、間違いなくブレーキ操作が遅れて、重大事故を起こしてしまう。

それを言うならさ無意識無意識言うのやめてくんない。無意識運転でそれこそ重大事故よ。


>そのような事がないように、我々の脳には安全装置があって、一瞬の動作が必要な時は、意識が動作を妨害しないようになっている。だから、よほどの神経症の人でも、ヒヤっとする瞬間には、神経症を忘れている。それを宇佐先生は全治と表現しているが、正確には全治でなく、ブレインロックが解除されたと言うべきでしょう。この状態では、重度の神経症者も一時的に神経症が解消されて、言わば火事場のバカ力的動作を獲得する。しかし、ブレインロックは間もなく戻って来て、何時もの神経症に戻る。

またまた妄想劇場のはじまり~。なんで神経症に戻るって言いきれるの。それは無為療法さんの脳内にしかないよ。ホントに自分の脳内の妄想と現実の区別がつかなくなってるってさ、これってさ精神の病かもよ無為療法さん。


>余りに森田療法を信奉していると、動物に備わった安全装置が働かなくなる可能性があって心配だ。私はこの手の神経症患者を”森田療法病患者”と呼ぶが、

無為療法さんの脳内にしかない妄想を信奉していると現実の区別がつかなくなって心配ね(笑)


>彼等は座右に森田の言葉を並べていて、”必要とあらば嫌なことにもすっと手を出す、ふっとやる、すっとやる、現在になり切る、不安になり切る ”と号令を出しっ放しにしている。

すっと手を出す現在になり切るってさ無為療法さんが禅の講義で使ってるネタ本の鈴木大拙さんが言ってた言葉じゃんよ鈴木大拙さんが言えば否定せず森田さんが言えば否定するのかい?(笑)


>こうなると自然に備わった脳の基本的情報処理システムが乱れ始めて、日常全ての活動に遅滞が生ずるようになる。周りとの連携プレーも困難になり、間違いが多発する。工夫気配りが消滅するだろうから、会社にいても浮き上がり、最終的には仕事を失うことになる。

最終的には仕事を失うことになるって、またまた妄想劇場かよいい加減にしなよ。神経症さんはただでさえ自分に駄目出ししてつらいんだよ。(怒)何でそんなにいじめんのよ。ひどすぎよ。(怒)
工夫気配りが消滅は無為療法さんだよ神経症さんの立場に立ちなよ俺は正しい森田さんは間違い打ばかりの主張ばかり俺は健康世界で楽しい神経症さんは狂ってるの主張ばかり。
そんなのが神経症治った人のいうことなの?無為療法さんの苦しかったこと思い出してもっと建設的なホームページにしなよ自己にとってだけ満足ホームページでなくってさ。


>私は、このような間違った森田療法の指導の犠牲になった、神経症患者を多く知っている。この人たちのその後の人生は困難を極め、大半が健康を回復することなく、一生を終わって行く。

そう思うんだったらさ、森田さんの悪口でなくてさ、無為療法さんが正しいの一点張り、の主張オンパレードばかりじゃなくてさ、神経症さんの立場に立ってもう一回編集し直しなよ。
回復することなく一生を終わって行くなんてさ決めつけんじゃねーよ(怒)


>それに比べて森田療法を放棄した斎藤は、48歳のある晩を境にして別の人間に生まれ変わった。16歳から48歳までの30年間、人生の最も活発な時期を神経症で過ごした斎藤が、この瞬間に変わり、その後の23年間に失った30年間を取り戻したばかりでなく、この通り、71歳の今も現役で活躍していて、健康な人以上の実績を残している。

別の人間に生まれ変わった、神経症で過ごした、23年間に失った30年間を取り戻した、今も現役で活躍していて、健康な人以上、みたいな~自分にとってのこうだああだの自分歴史解説は先生はやめておきなさいと言ってた。自分はこうですっていうのを止めると全治ですよと日記で教えられたよ。

>如何に、森田療法が神経症者の人生を破壊しているか知るべきです。

人のこと言う前に無為療法ホームページなんとかしなよ自己にとってだけ満足ホームページでなくってさ。無為療法さんの脳内にしかない妄想と現実の区別する練習ね。 ?またまたね~+love ?




 
》記事一覧表示

新着順:38/16218 《前のページ | 次のページ》
/16218