teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:61/280 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

罪なきチェンソーのために

 投稿者:くりた  投稿日:2009年 6月 4日(木)21時12分37秒
  通報
  事故報告拝見いたしました。
大会運営側の準備態勢や事故対応は万全だったと思います。
私も今回の件で運営側にたった時の事を再認識いたしました。

2年続けて怪我が発生したことは不運なことですが、どこでも、いつでも起こりうる怪我だと思われます。
怪我を防ぐためにいろいろな規制が考えられますが、一番重要なのは自己注意力でしょう。かといって注意をすれば絶対事故が起こらないといいきれるものではありません。
不運にして発生した事故事例を知ることはカーバーの怪我回避にとても役立つことだと思います。

私は75ccクラスでブロックカットを飛ばし自分の急所に直撃した
痛い記憶があります。おととしのチェットウィンド大会の時でした。
同じ機種でも刃の形状、デプスの落とし具合で引っ掛かりが変わるので
借りた機種の時などは注意すべきですね。
キックバックは何度も危険を感じたことがあります。
競技中の時間帯としては大排気量機で前々半ラフカットからブロックカットに移るころは危険帯だと思います。競技終了間際も疲れとあせり、または気の緩みが出るので要注意だと思っています。
私など歩いていてもつまずいて怪我をする始末なのによく今までチェンソーで怪我をしなかったなあと思います。
それは長年の体験から危険と隣り合わせの「真剣勝負」だと感じているからだと思います。
チェンソーワークの緊張感は事前察知、予測力を養わせてくれました。
危険度はありますがそれを上回るものがあると思います。
カービングを終えた時は誰しも充実感を味わえているのではないでしょうか。

チェンソーが素晴らしい道具であって、皆から愛され続けるために私は改めて事故を起こさぬように注意をいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:61/280 《前のページ | 次のページ》
/280